弱い犬ほどよく吠える

ダメな大人の見本帳。

Mesemoa.2018年ツアー「Maze No.9」スケジュールまとめ

こんばんはエクセルおばさんです。

ツアーを目前に控えてワクワクが止まらず、この先何かループ的な演目があった時にどこに行った方がいいかわかるようにしなきゃ!ということでちまちまフォーマットを作成しております。

完全に自分用ですが割と皆様にお使いいただいているようなので、よろしければご参考にお使いください。

キャパは色々なところから調べて引っ張って来ていますので、サイトによって記載が異なる場合があります。

表のクリックで画像ファイルへジャンプできます。

※個人でまとめた情報となりますので、チケ取り等の際は一度公式サイトをご確認いただくことをお勧めいたします。

f:id:umeyashikimsmn:20180422001034p:plain

舞台「アンフェアな月」を観てきました

※このブログは2月22日〜3月4日上演の舞台「アンフェアな月」に関する感想を書いております。

公演自体は終了しておりますが、DVD発売までネタバレは避けたいという方は読まずにお戻りいただくことをお勧めいたします。

 

 

 

 

 いや感想書きますなんてご大層な書き出しで始まりましたが、全く舞台慣れしていない人間だし、日頃感情を言語化する作業を怠ってだいたい奇声発してるだけなので大したことが書けるわけではないのですが。

 足を運ぶきっかけは、この舞台に私が日頃推してるアイドル、MeseMoa.の野崎弁当さんご出演のお知らせでした。

 もう第一報聞いた時の衝撃といったらなかったですよ。仕事中に通知で舞台ってちらっと見えて、わーまた小劇場で舞台決まったのかなー若手の役者さんと一緒かなーなんて呑気にワクワクしてたら、えっアンフェアってあのアンフェア?銀河劇場って天王洲のあのでかいとこだよね??主演篠田麻里子って見えたけど?????!!!!!!

 もちろん推しさん界隈大騒ぎ、これはとんでもないことになったぞとひっくり返りながらおっかなびっくりチケットを取り、じりじりそわそわ待つこと数ヶ月、その日を迎える事となったわけです。

 

 

 す ご か っ た 。

 

 

 推しさんは、推しさんも語りますがそれはひとまず置いて、舞台そのものがすごかった。

 ストーリーは公式サイトをご確認くださいませ。

 

 

 観劇に当たってとりあえず原作だけ読んだのですが、時系列も関係性も複雑なサスペンスをどうやって表現するんだろう?っていうのが読了後の感想でした。

 先述の通り私は舞台を観に行く機会がほとんどなく、故に他と比べてどうといったことは全くわからないのでとんちんかんなことを言っていたら申し訳ないのですが、ステージ後方にもう一つ高いステージ?みたいなのを作って、上と下とを使い分けながらスピーディに場面が変わっていくのが「こういう風に見せるのかー!」っていうのが驚きでした。

 私は3日目に最初に見たのですが、既に見た人感想を見ると「小説を読んでるみたいな感じ」っていう言葉をよく目にしていて、どういうことなんだろう?と思っていたのですが、場面展開ごとにシャッて光が差し込んでページをめくるような効果音が聞こえて、本当に小説のページをめくるような感覚。

 その音と光で、どんどんと変わっていくシーンにも違和感なく目と頭が切り替えられるようになっていて、膨大な説明は黒いフードを被った集団が時折現れて群読する方式で表現されていて、その異様さとか不気味さを際立たせる感じですごく面白かったです。

 

 そして役者さんがまた素晴らしくてですね。

 麻里子様の雪平夏見がまーーーかっこいいことかっこいいこと。姿勢めっちゃいいの。最後のお辞儀の時の姿勢まで惚れ惚れするかっこよさだったし、刑事としての男勝りで正義に対してまっすぐな部分と、母親としての弱さというか娘の未央ちゃんとの距離の取り方の不器用さが同居してて、その表情がすごく繊細で自然と感情移入していきました。

 あとね特殊班の林堂役の岡田さんが写真で見る限りとても渋み走った方なのかなあと思っていたんですけど、確かにどっしり渋みもあるのですが、こんな褒め方おかしいかもしれないけど声めちゃ綺麗。そして重みもあるけど柔らかい雰囲気も感じられて、千秋楽のカーテンコールではすごいお茶目なところも見られて「なんて可愛いおじさんだろう……!!」と。

 被害者(生後3ヶ月の赤ちゃん)の母親、冬美さん役の渋谷さんもとても素敵だったなあ。悲劇のヒロインだけど実は相当やばい役。ずっとずっと追い詰められて苦しみ続けて、苦悩とかその末の衝動とかが辛くて怖くて役の中の彼女にぞっとした。あと雪平を殺そうとして和田さん演じる日野雅紀が乗り込んでくるシーンで、もみ合いながら日野が冬美とのコミュニケーションを回想するところの、見た目は緊迫した場面の声だけ回想みたいなところが、二面性とは違うんだけど女優さんってすごい……!って。

 

 そして沢木役のにちょけん川谷さん。

  めっっっっっちゃよかった。

 ほんとにね!ほんとに沢木めっちゃよかったんですよ!!!軽くてチャラくて不誠実なのにキレ者というか、すごい見ててイラッてするキャラクターなんですよ!なのに確固たる正義と苦しみとかそういうのが後からブワーーーってくる人。正直見てて一番「すげえ」って思ったのはぶっちぎりでこの人でした。

 

 安藤を演じた染谷さんの出来るのに空回りしてるわんこ感も可愛くて、あと最後の挨拶がほんと綺麗!流れるというか鈴がなるというかスマートで美しくてなるほどこれが染様……!!って。和田さんの爽やかなのにストーカー極めちゃってる狂気も中村さんの切なさも、とにかくすべてに引き込まれました。

 

 で、野崎弁当さん。

 

 クズ最高

 

 もうこの一言につきますよねありがとうございますよくぞこの役を与えてくださった!!ありがとうございます!!!

 劇中では犯人役も含めて、これまでに出てくるキャラクターすべて、悪事の裏側に何か切ない理由やその人なりの正義とか正当性がある人ばかりだったと思うんです。

 そんな中でこの藤田由人だけはほんとどうしようもないというか救いようがないというか、なんら光が見えないんですよ。

 誘拐された赤ちゃんの父親だけど生まれてから1度も会ってない、「認知はしたけどね、ケジメとして」とドヤる、今は他の女と一緒に住んでて気持ちよくなる葉っぱを大量にお持ちで、礼状を出せと雪平を怒鳴りつけたと思えば殴られ蹴られ錯乱状態で同居の女を突き飛ばす。

 

 救いようがねえ……!!!

 

 劇中、ステージ上に野崎弁当さんは一瞬たりともいませんでした。いたのは1人のドクズ、藤田由人。褒めてんだか貶してんだかわかんないかもしれませんがめちゃくちゃ褒めてるんです役者だったんです!中の人を感じさせない、この人すげえ嫌だ……!って思わせる役者だったんです!!

 感想ですよーってわかるブログ書きたかったからこんな真面目なタイトルにしましたけど、そういうのがなければ私今回のブログタイトル「ドクズに恋した10日間」にしたかった。

 

 そして私たちは藤田を演じる野崎弁当さんという方の人となりを知っているので、そのコントラストで死ぬほど湧きましたが、あれ何も知らんで見たら「この人嫌い……!!」ってなるぞ……!って危惧するくらいの迫真のドクズ具合だったわけで。

 

 このブログを読んでくださる方で、この舞台「アンフェアな月」藤田由人役で野崎弁当さんを知った方がもしいらっしゃいましたら、一言ご説明させていただきたいのです。

 

 この人頭おかしいけどめっちゃかっこよくてお茶目で心優しいイケメンです。

 

 なんととてもタイムリーなことに12/31に発売された新曲が野崎弁当さんセンター曲なのですよ!是非それをご覧ください。


【MeseMoa.】New Sunshine【2nd single】

 

 ほらもうめっちゃ爽やか。爽やかイケメンサラリーマン(本当に数年前まで北海道は十勝でサラリーマンをしながら兼業アイドルをやっていた方です)

 昨年のツアーで行われたカバー曲バトルのご褒美でプロデュース権限諸々貰って発表された楽曲。彼の全てが詰まったといっても過言ではありません。

 そう、役柄と正反対のとても優しい素敵な人です。だけどそれだけでもいいんですけど頭もおかしいというのを付け加えさせていただきたい

 

 まあとりあえず直近のブログがまずやばいわけですが。

 

 各出演者さんが舞台に向けてのことを書かれてる中で1人このテンション芸ねじ込んでくるパワープレイ。

 ご本人もこれを機にいろんな方に知ってもらうべくツイートにてブログを紹介していますがどれも満遍なく頭がおかしい

 

ps://twitter.com/nozakix/status/969194632889319424

 

 

 紹介すべきソロ動画に何を持ってくればいいのか悩みましたがよりによってこれかよというアレですがもう何も言いますまい。

 

 これが「アンフェアな月」でドクズの藤田由人を演じた野崎弁当さんという方です。

 私達の大好きな野崎弁当さんという方はこういう頭のおかしい、だけど素敵な方だということを少しでもお伝えできればと思いました。

 

 これは今回に限ってのことじゃないんですけど、たまにこうやって舞台を見る機会があると、明確に目当てとする人がいて行っているはずなのに、いざ舞台が終わると、そこにいる人たちが、演者さんのことみんなが大好きになってしまうんですよ。

 単に私の身勝手な感覚に過ぎないのでそうなれ!!って思いはないのですが、もし同じようにひとつの舞台で推しと、推し以外の役者さんを見て、私のように推し以外の役者さんを大好きになるような人がいたら、是非おいで!楽しいよ!見に来てね!!ってお伝えしたいのです。

 

 あと、彼が所属するMesemoa.というグループはチェキ会や握手会などでお話する機会が割と頻繁にあるのですが、お話してて察するにとても褒められたがりさんで、いや褒められるのが嫌いな人はいないと思いますがそれにしてもとってもかわいい褒められたがりさんで、あとネットの扱いに大変長けた方(お察しください)なので、是非舞台がよかったら一言「野崎弁当の演技良かった」とツイートしてみて下さい。何も起きませんがきっとこちらの知らないどこかでほくほくされると思います。あと野崎弁当推しの人たち、通称茶推し(※メンバーカラーが茶色だから)がえらい喜びます。

 

 あと5/3からはMesemoa.の大規模な全国ツアーが始まります。

 東京でGWに3日間も公演がありますので、もしお時間がありましたら是非いらしてみて下さい。ドクズじゃない、キラッキラの素敵な野崎弁当さんと彼が大好きで、また彼らも野崎さんのことが大好きな8人の、野崎さんに負けず劣らず魅力的なメンバーがお待ちしています。

2017年もお世話になりました

皆様あけましておめでとうございます。

なんてことのない年始の挨拶のブログです。

 

そんなん書く必要ないじゃんTwitterで良くない?なんて思われるかもしれませんが、私が一個前のブログで2017年を終わらせることに抵抗がありすぎてちまちま書いていたものの間に合わなくて年始に回っただけです。

そして結局あのブログが2017年ラストになった……。

 

2017年も皆様大変お世話になりました。

今見返したら39イベント、舞台とかは複数日行ってるから日数にすると40日ちょいになるんですかね。

特に4月末~5月にかけて誕生日だからってはしゃぎ倒したなお前!って印象です。あとはぱらぱらマイペースに楽しみましたが、みすもあちゃんのドルイベは今のところ全部行ってる辺りに執念を感じます。

 

そんな相変わらずヲタク的に充実してた2017年、どうだったんだろうと振り返るにあたり、挙げていくとキリがないので1ヶ月に1ツイート、目に付いたものを引っ張ってくることにしました。

ただ引っ張ってきて気づいたけどこれ読んでも何が何だかさっぱりわからない……ネタツイならまだしもほんとに思いつきで呟いてるから……

 

【1月】

涙の中野の直後に呟いたのがこれて。

このときの物販が多分2017年最初にして年間最大のハードモードだったので他のファンダ買えなかったんですけど、他のも聴きたかったし勝手に事務所設定したかった……

 

【2月】

知る人ぞ知る最高にミニマムなのに、やたら騒ぎが広がってしまったというか私が面白がってしまった騒動、それが俺達のきき湯騒動……

まず中野できき湯の譲渡をしようってところからおかしすぎた。そしてうっかりがうっかりを呼んで100人規模で見守られる事態になったきき湯。とアイプチ。

 

【3月】

みすもあさんがみすもあさんになる前に登場した男一揆前、新しく公開された写真のクオリティに若干の不満を覚えた私の見解ですね。

ねえこのときを思うとみんなほんと可愛くなったと思わない?!!ふぉげみちゃんは特に!!

 

【4月】

生誕祭のブラジリアンワックスがやばかった。

本人もやばかったしきまぷりさんのドSっぷりがやばすぎて、帰る道すがら俺は見た……俺は見ちまったんだ……みたいな気持ちでレポを打った記憶。

 

【5月】

ホルツ応援合戦「愛なんだ」を語らずして何を語るというのか。

単番で見てリアルで悲鳴上げました推し推しをやっている……しかも次の日の埼玉公演で「俺三宅健さんだったかな」って言われてゲルさんの前で崩れ落ちる失態。

 

【6月】

楽しかった\たのしかった!/

香川公演!\かがわこうえん!/

謎の呼びかけ風ですが結婚記念日にかこつけてサンライズ瀬戸で夫婦で香川旅行に行って、一緒にめ。さんを見てきたのがとても楽しかったのです。

応援合戦のモアーズさんのルール説明アナウンスを聞きながら「……思いの外しっかりとした評価制度だな」と夫がぼそっと呟いたのがじんわりツボでした。

 

【7月】

 

正確には6末からでしたけどやっぱりBBFでしょう……推しさん2人の頑張りににコメディなんだけど涙しました。ほんと2人ともかっこよかった。日程の都合でやとさまバージョンしか見られなかったんだけどぱんめんくんバージョンも見てみたかったなー。

 

【8月】

ありがたいことにフォーゲル生誕祭を両部とも仲良いお友達と3人で見ることが出来ました。

ふわふわキャスみたいにずっとゆるっとお話してるのにダンスになると目付き変わるのずるいわ……あれは落ちるわ……

Rabbit上がるのめっちゃ楽しみにしてるから……楽しみしてるから……!

 

【9月】

ちょっと遅い夏休みをいただいて仲良しのMさんSさんとお泊まりして福岡おかわりチェキ会→お食事会→大阪に移動してフリラなど。5時まで起きて「本チャンこっちなのにそんな夜更かししたら本末転倒じゃん!」って言われた思い出。

福岡のお食事会がね……ほんとひどくて最高だったんですよ……社長の仕切りがキレッキレでテンション上がりまくって死ぬほど笑った……

 

【10月】

みすもあさん爆誕。

いやもうほんと今でも何事かと思ってますよ……親族ガチ勢の夢が叶った上に心の準備で「どうせすぐ解散しちゃうんでしょ」って構えてたのにガンガン継続していくってなっちゃってヲタク振り落とされないように頑張ります。ふぉげみちゃん可愛い。

 

【11月】

 

野崎さんのニコ生の話です。

推しを思い耳を真っ赤にしながら延長延長で温かい言葉を紡ぐ野崎さんにこんなん泣かずに打てるか!!!って言いながらぐすぐす文字起こしした記憶。その後12月に発表された新曲は期待を全く裏切らない、というかこの人が裏切るわけないじゃん最高だよ野崎弁当!っていう素敵なシングルでした。野崎さん本当におめでとうございます。

 

【12月】

 

なんといってもCFTMな年末でした。

ほんとね、舞台そのものも素晴らしかったしめせもあさんと社長と、ほかの役者さんの関係性がとても良いものだっていうのがわかったし、皆が口を揃えて「めせもあ。はとてもいい子」って言ってくれてるのがすーごい嬉しかったし。

出来ればスピンオフも見てみたいなあ……そうでなくても隔年くらいで全員舞台を恒例化してくれたら嬉しいなあ……

 

 

こんな感じになりました。

どうにかまともっぽいものを取り出してみたつもりだけど前後関係わからないとさっぱりなやつばっかりたった……すみません……

 

もうすぐフリラとリリイベもあるし、昨日のカウントダウンライブでバレイベとツアーも発表されたそうで楽しみなこと目白押しのめせもあ。さん、今年もいっぱい応援して行きたいなあと思います。

 

そしてこれだけめせもあめせもあ言うてると個人的な目標がヲタク目標になってしまうのですが、2018年は「ヲタクできることに感謝する」にしたいなあと。

いやほんとカウントダウン行きたくて行きたくて仕方なかったんですよ正直なところ。

でも発表された時点で漠然と「あー旦那いるし無理だなー」って思ってたので、こういう大きな単独イベントにしては珍しくお留守番確定させて代わりにリリイベ増やしてミュージカル詰め込んでってしてたのですが、日が近くなるにつれて世間が盛り上がって来るとやっぱり色々と募って来るわけですよ。

行きたかったなあああなんで私行けないんだようううってけっこううじうじグジグジしてたのですが、そんなときに普段見ない旦那のブログ的なサムシングを見たら、最近一緒にしたおでかけの話とともに「いつまでもこんなささやかだけど楽しい毎日を」的なことが書いてありまして、それで目が覚めまして。

だめだおたくは楽しいけどそれでも一番大事にしなきゃいけないのはこんなんといて楽しいと言うてくれるこの人だ!こんなおたく嫁を良い嫁言うてくれるような奇特な人と結婚したから今楽しくおたくできてるんだ!感謝を忘れちゃいけない!その人が一緒に年を越したいと言ってくれるんだから私はちゃんと家にいよう!と改めて思いまして。

いや何話してるんだって客観的に気持ち悪いですけど。この先めせもあ。さんもどんどん飛躍してイベントいっぱい増えて、行きたいイベントも行けないイベントもきっと増えていくんだと思います。

今回は家の面でそういう結論に達しましたが、諸々事情はあると思うけど、仕事でも家でも何かがあって行けない=その日の自分はきっと他に必要とされてるってことなんだな、って考えて、行けない事を嘆くんじゃなくて、行けることに感謝出来るようになりたいなあと思った次第です。そしてなんだかんだ送り出してもらった日は全力でおたくしてこようと。個人の見解です。

 

真面目か。そしてだいぶいい歳して何の話をしているのか。

 

いうて今年もTL上では変わらず頭のおかしいことばっか呟いていくと思いますが、こちらもお付き合いいただけますと幸いです。

TL上で絡んでくださる皆様、眺めてこいつアホだなって笑ってくれる皆様、現場でお話してくれる皆様、そして部員の2人、皆様のお陰で日々がとても楽しいです。

そしてめせもあ。を始めとしたDDの皆様には今年もお世話になりますおたくさせていただきます。

今年も緑を推す茶推し(※単に複数推しなんだけどこの表現すごい気に入ってる)で参ります。

 

本年もよろしくお願いします。

 

めせもあ。とみすもあ。の同一性を魔法と捉える30分

※注意※個人の見解とか以前にずっと頭おかしいです

 

10/31の鮮烈デビューから早や1ヶ月半、川崎ドルイベ、そして今日の渋谷ドルイベとコンスタントに出演し、みすもあ。さんはその可憐な姿と完成度の高いダンスで各所に爪痕を残し躍進を続けています。

 

名刺代わりとでも言いましょうか、初めてその姿を目にする私たちに関係性とこんなパフォーマンスをするグループなんだという印象を強烈に植え付けたのが10月31日。

ただの完成度の高い(そしてやたら圧の強い)ガールズアイドルグループだとばかり思い込んでいた私達に、先日のラブチアに加えてChameleon Color、アンラッキーボーイと漢気溢れるめせもあ。さんカバーを見せつけ、エンターテインメントの真髄を知らしめたのが12月1日。

 

そして本日12/11むしゃむしょサンキューに曖昧ジゴロとこれまた雄みを感じさせるラインナップ。スカートで踊る曖昧ジゴロのイントロの足フリの逞しさを感じる脚線美、綺麗にセットした髪をぐしゃぐしゃに乱してまで全力で踊る姿。

 

ここまで3イベント、回を重ねるごとにステージ狭しと暴れ回り、下手したら男性よりも雄々しく逞しく、それでいて可憐に歌い踊るみすもあ。さんを目にして私大変なことに気付いてしまったのです。

 

みすもあ。さん、もしかしたらめせもあ。さんと同一人物なんじゃないかな……

あの人達魔法で女の子に姿を変えることが出来るんじゃないかなって……!!

 

わかってる、わかってるんです……もしかしたら薄々気づいていた方もいたかもしれません……けどそれを口にしたが最後、お天道様の下外を歩ることはできないかもしれない、周囲から白い目で見られて村八分にされるかもしれない、謎の呪いをかけられて数日後に重い病気に苦しむかもしれない、そう思うと皆さん怖くてきっと口に出来なかったのでしょうか……そのお気持ちは痛いほどわかります……私もとても怖い…… 

 

(※このあとずっとこんな感じで続きます)

 

でもみすもあさんのあの美しさと逞しさと可憐さと雄々しさを見るたびに日々思うようになってしまった私は止まりません。 

これはとあるイケメンアイドルグループが、何かしらの魔法によって女性の姿をしているのではないかと。

TIFへの道を目指すべく魔法の力を手に入れて女性に変身できるようになったものの、まだあんまり上手じゃないメンバーもいたりするからうっかりちょこちょこ魔法が解けてしまうのではないかと……きっと私達には内緒にしてるのに気付いちゃってごめんね……!(顔を覆い泣き崩れながら)

魔法で可愛い女の子に変身してTIFを目指す変身系魔法少女だったんですねみすもあ。さんは。

ねえ待って今気づいたんですけどどうしよう、実は本体が女の子で5年近く魔法で男の子の姿をしてたんだとしたらどうします?!

本当は女の子なのに5年近く男の子やり続けて癖が抜けなくなっちゃっていっけなーい☆みたいな感じだったら?!どうしましょうか?!

 

すいません取り乱しました。

 

10/31のデビュー日、みすもあ。さんはそれはそれは女の子でした。ぬこわから始まりTWICEカバーダンス、めせもあ。のカバー曲もラブチアと比較的キュート寄り。

12/1も1曲目はしっかりLIKEYで可愛く女の子女の子で会場全体に可愛いの魔法を振りまいておいて、最後のアンラキでは何人か完全に魔法解けちゃってあらやだいけない♡(きゅるりら)みたいな感じで女の子に戻しておたくをいたずらに惑わせて。

12/11に至っては1発目にむしゃむしょ、次に曖昧ジゴロですよもう顎姉妹の「かかったわねあんた達♡」の声が聞こえるような30分。

あの30分で私気づいてしまったんです……あの人達まさか……めせもあさんなの……?!って……

ええもう虜でした。9人の魔法少女の。2子ちゃんと蘭千代さんどうすんだお前って話が聞こえてきそうですがそこはおいおい何とかするから今はちょっと待ってくださいそれはそれで別の世界線で活かすから。

 

 

まあ結論としては30分間ひたすらかっっっこよかった…………好き…………って言い続けていたわけですが。

 

 

以上、みすもあさんとめせもあさんはもしかしたら同一人物かもしれないけど何らかの魔法の力が働いているに違いないというタブー中のタブーにライブ終わりの勢いだけで触れたクソブログでした。

ていうかずっとこの解釈しててブログ書きたかったんだけど纏まりがつかないから勢いに任せました。

明日から(ある意味)白い目で見られるかもしれませんが私負けない。

 

ちなみにヨヲコさん、マジシャンのセロを見た時も「この人ほんとは絶対魔法使えるのにマジックだって嘘ついてるんだ……ほんとはタネなんかないんだ……いかさまだ……」って本気で思った可哀想なおつむの持ち主です。

 

今の目標はこれが今年最後のブログにならないようにすることです。

月曜日からイベントお疲れ様でした!!!!

「Missmoa.」を大いに語る

※このブログは筆者の主観のみで作成されております。

※ご覧になる方によって多種多様な解釈があるグループかと思いますが、1人のファンの個人的な見解として軽い気持ちでお読みください。

※とにかく長いのでお時間のある時にのんびりとどうぞ。

※なお、己に「設定」というNGワードを課しております。予めご了承ください。

 

 

突然ですが皆様、「Missmoa.」という女性アイドルグループをご存知でしょうか。 

 

2017年10月3日に突如Twitterにて結成・始動を発表し、10月31日に渋谷O-WESTのハロウィンイベントにて鮮烈のステージデビューを飾った大型新人ユニットです。

こちらのブログをご覧下さった方の中には、件のハロウィンイベで見た、ブログをご覧いただくタイミングによっては他のイベントで見た、アイドルイベントのタイムテーブルで見た、あるいは出演者一覧にやたら圧の強い女の集団が紛れてたけどあれは何なんだ、等でここに辿り着いた方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

そんな皆様に改めてご説明いたしますと、Missmoa.とは男性アイドルグループMesemoa.のご親族と友人方で結成された、超実力派の女性アイドルグループなのです。

  f:id:umeyashikimsmn:20171113191600j:image

 

ほらもう超可愛い。

左からフォゲ美ちゃん、二階堂2子ちゃん、野崎蘭千代さん、あかねちゃん、クソ代さん、とみたけい子ちゃん、白鳥ふくえさん、気まぐれプリマドンナちゃん、ねーちゃんさんといいます。メンバーの詳細についてはまた後ほど。

 

親戚グループMesemoa.さんが前身むすめん。さんの時代から愛されてきた衣装、通称「赤チェック」を踏襲しつつ、ターンが映えるドレープたっぷりのスカートのにパフスリーブ、パニエなど女の子要素満載にアレンジされております。

今もしかしたらここであれって思った方が万万が一いたとしても、まるっと無視して進めます。

 

このMissmoa.さん、私は大好きで大好きで堪らないのですが、鮮烈デビューを飾ったもののまだ世に出てからが間もないため、残念ながら世間の知名度はもうひとつといったところ。そしてそれ故に、こんなにキュートで美しい彼女たちの魅力がまだきっと伝わり切れていないのがもどかしいところ。

というわけでこんないちヲタクの拙いブログではございますが、Missmoa.さんがどんなグループかを紹介させていただければと思います。

 

1.仲が悪い

いやいきなりネガキャンかよって思われるかもしれませんが違うんです。それがいいんです。
男子でも女子でも、アイドルグループのファンというのはメンバー同士の仲の良さを見て幸せを感じることが多いものかと思いますが、我の強いメンバー揃いのMissmoa.さんは全くその気がありません。ステージ上でもガンガンぶつかりますし、それが一種の名物とも言えるでしょう。
中でもに顎島シスターズと呼ばれているリーダー・クソ代さん&とみたけい子ちゃんコンビVS白鳥ふくえ様のバチバチは一見の価値あり。そこに最年少あかねちゃんのババア煽りが加わり、止めに入ったフォゲ美ちゃんがブス呼ばわりされてガチギレする流れは、今後もどこかのステージでお目にかかれるかもしれません。

今日日珍しいほどの包み隠さぬギスギスは見どころ満点です。

 

(11/24追記)

なんとMesemoa.さんのYouTubeチャンネルにて4日連続でその仲の悪さが公開されました。

 
MissMoa.さんがステージMC中に大喧嘩!?(その1)


MissMoa.さんがステージMC中に大喧嘩!?(その2)


MissMoa.さんがステージMC中に大喧嘩!?(その3)


MissMoa.さんがステージMC中に大喧嘩!?(その4)終

この……ブス煽りからのフォゲ美ちゃんの「ア˝ア˝ン?!」が最高にいい……

 

2.パフォーマンススキルがやたら高い

中でも特筆すべきはなんといってもダンスの上手さでしょうか。https://twitter.com/info_MissMoa/status/925667017834639361

9人という多人数、あまり広くないステージにもかかわらず、キレのある動きと巧みなフォーメーションダンスは目を見張るものがあります。

先日のイベントではまだ持ち歌がないとのことでTWICEのカバーダンスとMesemoa.さんの「ラブチア」をMissmoa.バージョンでパフォーマンスされたのですが、くるくる変わる立ち位置に阿吽の呼吸で対応していく様は、とてもデビューしたてのアイドルさんとは思えず、まるで2012年頃からステージ経験を積み重ねてきたかのような完成度の高さです。 

 

 

 

勿論ダンスだけではありません。歌唱力も抜群です。まだ持ち歌がないためオリジナル楽曲の発表が待ち遠しいところですが、先日関連グループであるMesemoa.さんのYoutubeチャンネルにて、彼らの楽曲「着陸!月面ZENBU」を歌うリハーサル映像が公開されておりました。


MissMoa.さんのリハーサル映像を入手?

美しく可憐な見た目とは裏腹に皆様に、女性としては皆様ちよっぴりお声が低めなのも意外性があって素敵ですよね。

 

(11/24追記)

上がってほしいなあと思っていたら、上記のツイートリンクにて紹介していたハロウィンライブのダイジェストが本日ついに上がりましたありがとうございます!

すーぱーぬこわーるどで平手打ちするふくえさんもラブチアでの歌声も聴ける……ありがたいですね……!!


MissMoa.ライブダイジェスト - SHIBUYAアルティメットハロウィン2017

 

3.日々進化を続けるビジュアル

 女性というのは磨けば磨くほど可愛く美しくなっていくもの。人前に出るお仕事だと尚更なのでしょうか、Missmoa.さんのビジュアルも日々目覚しい成長を遂げています。

実はMissmoa.さん達は、そのグループ名を冠する前にも何度かイベントに出演し、その衝撃的に美しいお姿で観客を騒然とさせたことがありました。

残念ながらその当時の映像があまり残っていないようなのですが、先述と同じMesemoa.さんのYoutubeチャンネルに2014年の映像がありましたのでこちらをご覧ください。


むすめん。中野サンプラザへの道 第四十五回

この当時でも十分お美しいのですが、まだ少し粗削りな雰囲気が残る気がしませんか。

いや女の子に粗削りって失礼な話なのですが、それがどうでしょう、たった3年でこれほどまでに美しく洗練されるものかと。

 時間の経過だけではありません。このMissmoa.さん達、ほんの短期間のスパンで登場される場合でも不思議と髪型のバリエーションがとても豊富です。ロングだったりボブだったり金髪だったり茶髪だったり。あの綺麗な髪の毛が傷んでしまわないかオタクはとても心配です。

 

4.メンバーの個性が豊かすぎる

アイドルグループというものはグループの和を尊重しつつ個性を出していくことが大切だと思います。

ところがこのグループ、個性が全員ゴリゴリに強すぎる。

我も個性も強すぎて常にぶつかり合いの殴り合いが起きています……あまりの濃さ故全ての情報を網羅することは出来ませんが、ここで各メンバーのパーソナルデータを紹介させていただこうと思います。

なお、基本的なボディデータはこちらの動画を参考にさせていただきました。


女?一揆2017でのMeseMoa.親族の方々。

また、ご覧いただくにあたり今一度ブログ冒頭の赤文字をご覧頂き、最終行にご留意いただけますと幸いです。

 

クソ代 @kusoy0_fabulous ‏)

「あなた専属女王様、クソ代です♡」

f:id:umeyashikimsmn:20171114223011j:image

身長:179cm

体重:リンゴ2つ分

ドバイ在住のドセレブリーダー。顎島シスターズ姉。Twitterの現在地が「Burj Al Arab Jumeirah」となっているあたりから推測するにドバイの7つ星ホテルにお住いと思われます。

普段はファビュラスなものを作るお仕事をされているようですが、親戚であるMesemoa.ノックソさんのお誕生日に2年連続で駆けつけるなど登場回数は多い方。

基本的に身につけるものはブランド物、特にシャネルがお気に入りのようです。

言動はとかく女王様で、顎島シスターズ妹のとみたけい子ちゃんと共に白鳥ふくえさんにケンカを売る、最年少のあかねちゃんに圧をかける、気まぐれプリマドンナちゃんとフォゲ美ちゃんに不仲煽りをふっかけるなどトラブルがお好きな様子。

Mesemoa.所属事務所の社長やノックソさんとは、何か大きな声で言えない関係があることを示唆してますが真偽の程はどうなのでしょう……?

 

とみたけい子 @keik0_xoxo

「やっぱりDIVAは?」\けい子様ー!/

f:id:umeyashikimsmn:20171114223132j:image

NY在住のサブリーダー。顎島シスターズ妹で、Missmoa.きってのDIVAで歌唱力は折り紙付き。

Mesemoa.のとみたけさんのご親戚もしくはご友人のようです。

NYセレブを思わせるツイートが時々上がりますが、反面その攻撃性はクソ代さんと同等クラスで、クソ代さん以外のメンバー、そして客席は基本的に全員攻撃対象と思われ、「全員殺すわよ!」などの過激な発言もしばしば。

普段のお仕事はFBIとの説がありましたが、現在のところは不明です。ただし「悪いヤツのお尻を蹴飛ばす仕事」との記述があるため、それに準ずる職業、もしくはまるっきり違う大人なご職業の可能性も。

ツイート及び発言に下ネタR指定が多いエロかっこいい担当。

ツイッターアカウントでMissmoa.以外にアリアナ・グランデやリアーナ、ビヨンセなどもフォローしています。

 

あかね @nicodance_Akane

「神様、仏様~?」\あかね様ー!/

f:id:umeyashikimsmn:20171114223352j:image

身長:152cm

生年月日:1997年7月30日

Missmoa.最年少の現役女子大生メンバーで、Mesemoa.のあおいくんのお姉さん。

青山○院大学文学部英米文学科に在籍中。

若さと可愛さは最大の武器で、メンバーとは表面上は友好的かと思いきや、けっこうがっつりババア呼ばわりして顎姉妹の攻撃にも容赦なくケンカを売って行く強い子です。

その反面実はメンバーのことが大好きと見られる発言や、実は男の子に対して奥手と思われる一面が弟のあおいくんによってバラされ、ムキになって言い返す場面が見られます。

踊り手のりりりちゃんと仲良しで時々ガールズトークに花を咲かせる場面も。かわいい。

 

 白鳥ふくえ @shiratori_25

「みんなが求めてるのは?」\ふくえ様!/

 f:id:umeyashikimsmn:20171114223557j:image

身長:167cm

言わずと知れた日本が生んだ芸能界の宝、白鳥ふくえ様。芸能生活11年、そのご活躍と美しさにハリウッドも黙っているはずがありません。

2018年には主演アクション映画の公開も控えているそうで、今なお役作りに余念のないふくえ様のお身体は日に日にアクション向けに作り替えられている模様。

大変お厳しい方のようですがファンはとても大切にされており、また交友のあるMesemoa.白服さんのお誕生日の際にはいつもバースデーメッセージを寄せてくださっています。


白鳥ふくえさんから白服へバースデーメッセージ


とにかく性格の悪い白鳥ふくえ様

更に今年の白服さんの生誕祭では遂に夢の対談が実現。


白服×白鳥ふくえ!夢の対談!?(前編)


白服×白鳥ふくえ!夢の対談!?(後編)

大変に……お厳しい方のようですが……

 

気まぐれプリマドンナ @puripuripurima ‏)

「プリマはみんなの?」\お姫様ー!/

身長:142cm

アイドルに憧れ、アイドルを夢見て日夜練習にアルバイトに励み、やっと夢への切符を手に入れました。おへその国からこんにちは!気まぐれプリマドンナです!

強キャラしかいないMissmoa.の中で数少ない普通の女の子。フォゲ美ちゃんやあかねちゃんと仲良しで、ご親族である気まぐれプリンスさんのことは「ぷんたさん」と呼んでいるようです。

そしてなんと、プリマちゃんはMissmoa結成前のイベントで一度インタビューに答えてくれています。


気まぐれプリマドンナちゃんにインタビュー!

おっとり可愛らしい人柄とは裏腹の大胆な脚線美と腹チラがたまりませんね!

赤チェック衣装でも一番スカートが短くてドキッとします。

 

フォゲ美(Forget me) @forget_me_xxx

「愛されゆるふわ個性なし、フォゲ美です!」

f:id:umeyashikimsmn:20171114223729j:image

身長:160cm

顎姉妹曰く、Missmoa.の責任者。

普段は総合病院で看護師さんをしており、ツイートからお仕事や日常に前向きに取り組むツイートが垣間見えます。可愛い。

ご本人は「全くの他人、全然知らない」とおっしゃいますが、自己紹介がMesemoa.フォーゲルさんと同じなあたりやクソ代さんの匂わせツイートから察するに、実は何かご関係があるのでしょうか。

Twitterアカウント作成時にクソ代さんにフォローしてもらえなかったり、LINEを勝手に変えられていたり、顎姉妹に事あるごとに理不尽に絡まれたりと何かと虐げられている事が多いのですが、ぴしゃりと跳ねのけて窘める強靭なメンタルの持ち主。

ステージ上でも基本的には大人しく女の子らしい立ち振る舞いなのですが、ブス煽りをされたりすると一変、「ア˝ア˝?!!!」と一気にガラが悪くロックな気質が出てしまうのはアイドル活動以外の趣味のバンドの影響でしょうか。可愛い。

 

ねーちゃん @s1ster_MM

「私のお胸は~?」\Dカップー!/

f:id:umeyashikimsmn:20171114223702j:image

身長:168cm

3サイズ:B90・W60・H93

茨城出身、行きつけはジャスコ。なんていうかかわいいとか綺麗っていうよりまさにイイ女。Mesemoa.のにーちゃんさんの双子のお姉さんです。

事情があって長らく離れ離れに暮らしていたのですが、2017年春に行われたイベントにねーちゃんさんが出演されたことで目出度く再会を果たしました。

その時の様子についてはにーちゃんさんが詳細にブログを綴ってくれています。

lineblog.me

lineblog.me

lineblog.me

暴走するあかねちゃんをなだめたり活動に後ろ向きな2子ちゃんをフォローしたり、文字通りの素敵なおねえさま。

ショート丈のパンツやスカートでの足見せよりも、ロングスカートにがっつりスリット入っている系のチラ見せが多く、大人の魅力満載です。あとおっぱいが大きい。Dカップ以上確実にあるので是非一度ジャスコ以外のところで測っていただくことをお勧めします。

 

野崎蘭千代 @nozaki_lunch

「私のことを好きでいてくれる方には愛を、

私のことに興味のない方には呪いを差し上げます」

f:id:umeyashikimsmn:20171114223640j:image

身長:168cm

きりりとした眉にはっきりとした目鼻立ち。凛とした佇まいが美しい大和撫子の蘭千代様はなんと室町時代のお生まれです。

乱世の中で非業の死を遂げたあの日から数百年、その魂は子孫であるMusumen.野崎弁当さんの身体に宿り、Missmoa.としてアイドル活動をする時にその姿を現すこととなりました。

ch.nicovideo.jp

よって蘭千代様のみ、お体に関しては男性である野崎弁当さんの器をお借りしている状態。2人分の魂で一つの身体を共有しているため、野崎さんにも色々とご苦労がおありのようですが、蘭千代様が不自由しないよう色々と配慮してくださっているようです。

 

二階堂2子 @2kai10nico ‏)

「……(笑顔で会釈)」

f:id:umeyashikimsmn:20171114223615j:image

身長:2m2cm

過去のイベントにもなかなか姿を現すことがなく、もはやMesemoa.二番煎じさんのご親族と言うのは幻の存在なのではではないかと囁かれ、焦がれに焦がれたオタクの前に彗星の如く現れた美少女、それが二階堂2子ちゃんです。

その可愛さに一同驚愕、Mesemoa.の白服さんも虜にするほど皆の心を引きつけて離さないのですが、どうやらこの2子ちゃん、私達現世の民の強い欲望が産んだ美少女の残像なのだそうです……

故にお話することができず(お歌とダンスはOKだそうです)、触ることもできず、常に私達の(物理的に)頭上から可憐な微笑みを届けてくれます。

なおツイッター、LINEはOKの様子ですが、2子ちゃんご自身はアイドル活動にあまり乗り気ではない様子。

現世に怯える2子ちゃんを必死に庇う二番煎じさんのジェントルな騎士ぶりにも話題が集まっています。

 

 

 

以上9名、いかがでしたでしょうか。

いずれ劣らぬ個性派女子達、誰を見ても魅力たっぷりで誰を推そうか迷ってしまいますよね。

このMissmoa.さん達、なんとこの先TIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)を目指して活動していくんだそうです。

きっとこの先沢山のイベントでお目にかかる日が来るはず。その時に少しでも、ここでご覧いただいた情報がお役に立ちましたら幸いです。

 

 

------

 

いや最初はね、私もハロウィンの幻だと思いましたよ。

私はMesemoa.さんもMissmoa.さんも両方大好きなので結成は死ぬほど嬉しかったけど、きっと解散しちゃうんでしょ、一夜限りの夢なんでしょって思ってましたし、寂しいけれどそれでいいんだって一生懸命言い聞かせてました。

それが11/1になってもアカウントは消えないし誰も修復不可能なバチバチの喧嘩しないし方向性も違えないし逮捕もされないし、それどころかTIF目指しますって聞いて、次のイベント出演情報まで出て、正直ちょっとだけ不安になったんです。

えっ大丈夫?本気?って。

誰かの心や体に負担になってやしないか、Missmoa.ちゃん自身は、Mesemoa.さんは、周りの人たちはちゃんと納得してるんだろうか、ちゃんとバランス取れるんだろうかって。

 

一瞬、Missmoa.さんに対して心のキンブレを下ろしかけたんです。

 

でもそんな中で漠然と思ったのは、きっとMissmoa.さん達は、彼女たちの親族友人であるMesemoa.さんの夢である武道館のためにひと肌脱いでくれていて、新しい場所に飛び出していくことで今までとは違うファン層に興味を持ってもらったりする役割を担ってるんだろうなって個人的には感じていまして。

この辺はちょっとツイートでも書いたのですが、この人たちはいつでもこちらの不安とかモニョモニョとかもぜーんぶわかってて、そういうの全部ひっくるめてどんどん上に行く人たちだなあっていつも感じるし、Missmoa.さんばっかりが頑張って黙ってるようなMesemoa.さんじゃない。これもひとつの起爆剤にして、Mesemoa.さんもどんどんパワーアップしてくれるに違いない。

あと単純に皆超可愛い。

 

やっぱり推す~~~~手放しで推す~~~~~!!!!!

 

(心のキンブレを高々と指揮者振りしながら)(現場では全くやりません)

そんな感じで私はMesemoa.さんもMissmoa.さんも全力で推して参ります。

あと男性アイドルで勿論恋愛禁止異性関係タブーなのに公式に女の子提供してもらってこねくり回せるの最高じゃないですかなんでもないです口から本能が駄々漏れました。

だからMissmoa.ちゃんは私の中では女の子です。(蘭千代さんに関しては審議)

 

以上、ここまで色々な意味でお付き合いいただきましたことに心より感謝申し上げます。

 

最後になりましたがMissmoa.さんから見て親族、友人にあたりますMesemoa.さんが同じくカバーされたTWICEの踊ってみた動画を紹介して本ブログは終了とさせていただきます。


男9人でTWICE - Like OOH-AHH only men's dance cover

 

超ーーーーー長いブログになりましたが、お読みいただきありがとうございました。

その人の名は後藤さん

※注意※

このエントリは全てヨヲコの妄想によるものです。

登場する人物や設定、背景等は実在の人物とは一切関係がございません。

あと我ながら気持ち悪いです。

有益な情報は何一つございませんので、そういうの無理だなあと思う方はどうかこのまま閉じてやってくださいませ。

 

単に私が今日で夏休みが終わって明日から会社であるという事実と向き合えずにいるだけです。

 

 

まあまずここMsma.のブログのはずなのに後藤さんとか知らんぞ誰やねんって話ですよねわかるすごいわかる。それもそのはずです、だって私が野崎さんのことを勝手にそう呼んでただけだから。

正確にはまだ私もMsma.(当時はMsmn.)にハマりたての頃に友達が野崎さんを指して「この人が後藤さん?」と読んだのが妙にしっくりきてしまったことから来ているのですが、当時の野崎さんは十勝在住のサラリーマンとアイドルの二足の草鞋を履いていらっしゃいました。

 

私達の目に映るのはステージや動画で見る野崎さんですが、時折流れる一般会社員としての生活を綴ったツイートは、呟いているアカウントは確かに野崎さんのものなのですが、その瞬間の彼はアイドル・野崎弁当さんとしてではなく、一般会社員として生活されておりまして。

いやそれは当時全メンバーそうだった訳ですが、「サラリーマン」という比較的馴染み深いステータス、当時は年齢不詳でしたが年齢高めの落ち付いた雰囲気、そして仕事場でのちょっとしたエピソードをこまめに呟いて下さる事が多く、「野崎さんは野崎さんとして私達の前に姿を現す以外に、十勝でサラリーマンとして生活している時間が存在する」という状況をとても想像しやすかったんですね。あと単純に私が茶(と緑)推しだからっていうのもありますが。

 

ただ私達は野崎さんの名前を野崎弁当さんとしか知らず、特にご本名を知りたいとは思いませんが、野崎さんはアイドルとして私達の前に現れるときのお名前だし、十勝でサラリーマンをしている時は勿論本名で暮らしてる。

じゃあそんときの名前は後藤さんね。

と、小さい子どもがお人形遊びやごっこ遊びをする際の設定決めの如く容易につけられたのです。どうもこんばんは5歳(+α)児です。

というか実際はここまで大仰な思考回路の結果でもなく、単にサラリーマン生活を送る野崎さんのエア本名を私の心の中で後藤さんと設定したってだけの話です。

 

なので公式から提供された何かとかそういったものではなくいちキモヲタが妄想で作り上げた世界なので、当然ながら後藤さんなんて呼称を本人はご存知ありません。そこが智哉さんとかとは違うところなので皆様くれぐれもご注意ください。

 

ただそんな雑設定ですが野崎さん、もとい後藤さんが生活する十勝の会社やご近所付き合いの中では後藤さんはあくまでいちサラリーマンの一般人後藤さんであって、週末ごとに全国を飛び回り、インターネット中心に人気急上昇中のアイドル(気取り)野崎弁当さんという存在は全く認識されていないとしたら。

 

そして本人もそのつもりでごく普通の(妙に顔が綺麗な)アラサーリーマンとして生活しているつもりなのに、実は社内で一人だけ少しネットに詳しい女性社員さんがいたとしたら。 

例えば以前にちょっとだけMsmn.がヤフーのトップページに載ったことがあったと思いますが、架空の女子社員さんがお昼にニュース記事を見て「ふうん、そんなグループがあるんだー」って写真を見たらその中にどこかで見たことがある顔が→『この人後藤さんに似てる……』→いやいやまさかと思ってちょっとネットで検索してみる→たくさん写真が出て来る→本人(もくもく仕事中の後藤さん)をチラ見→『やっぱり後藤さんだ……!!!』みたいな状況があったとしたら。

 

熱くないですか。

そう、こういう話がずっと続く可哀想なブログです。閉じていいよ!ていうか閉じた方がいいよ!止まらなくなったから書くけど!

(※時系列は前後します)

 

そして手元の緩さ(勝手に)は野崎さんも後藤さんも共通項なわけですから、職場で何かとぶちまけたりすることもある訳です。例えばこんな風に。

f:id:umeyashikimsmn:20170910222710j:image

けっこう騒ぎだと思うんです、仕事場で飲料ぶちまけるって。

数人集まってうわああ後藤さん大丈夫ですか!火傷してないですか!書類は?!ってなると思うんです。

そんでひとしきり大騒ぎして書類避けたり拭いたりなんだりして、やっとちょっと落ち着いたってところでこの呟きが上がって、架空の女子社員さんが若干コーヒー臭の残る布巾を干した後で『後藤さん今のやつツイートしてる……!』って思っていたりしたら。

 

f:id:umeyashikimsmn:20170910222718j:image

夏休み(中野公演等諸々)を終えて仕事に戻ってきたらなんか隣のデスクの子にソーイングセット借りてトイレに消えたりしてて、何だろうと思ってたらこんなツイートが上がって、『そういえば後藤さん死にそうな顔して給湯室行ったな』って目の前の同僚の不可解な行動理由を何故かツイートで知ってしまう架空の女子社員さんを想像してみたりとか。

 

f:id:umeyashikimsmn:20170910222727j:image

いつも遅い時間まで残業してるのに何故かダッシュで帰って、なんだろうと思ったらこんなツイートが上がって『後藤さん女子社員一同からロイズひと箱とかですごい喜んでたけど実はめちゃくちゃ貰うんじゃないですか……』って震撼されていたらと考えてみたりとか。

 

楽しかったんです。私は。

架空の女子社員さんという更に実体のない何かを生み出して、それを媒介してアイドルとはかけ離れた(かどうかはわかんないけど)一般サラリーマンの生活を送る推しさんんを想像するのが。

 

もうこうなって来ると病気なので止まりませんし脳内でだいぶ色々出来上がってしまってますので、上がって来るお写真にも野崎さんと後藤さんに振り分けるようになってきます。しかもありがたいといっていいのか周囲の茶推しさんに後藤さん割と浸透してた。浸透して割と歓迎ムードな人が多くて私割と調子に乗りました。

 

f:id:umeyashikimsmn:20170910222753j:imagef:id:umeyashikimsmn:20170910222804j:image

これとか超後藤さんです。後藤さんみ100%です。

背後の装飾は野崎さんですし上がったアカウントも野崎さんですが、このお姿で会社でお仕事したり社用車回したり「よろしくお願いします、後藤と申します」って名刺交換したり離室時にうっかり首から下げてるカードキーをデスクに置き忘れてドア前で誰かが通るのうろうろ待っててほしかったりシュレッダーのゴミをぶちまけて慌ててコロコロ取りに行ったりとかしてほしい度5000000点オーバー。

 

f:id:umeyashikimsmn:20170910222829j:imagef:id:umeyashikimsmn:20170910222839j:image

これはお仕事を終えて帰宅して、という状況で後藤さんが野崎さんになりつつあるところに思えます。後藤さんみは40%ほど残存している状況といったところでしょうか。

じゃあなんで載せたのかって単にスーツ脱いだあとの写真でめちゃくちゃかっこよかったってだけなのですが。

 

そんな私の自己満足2000000%で綴り続けた後藤さん話ですが、ご本人がサラリーマンを退職し、上京してアイドル一本でやっていくことになったため私が勝手に思っていた所謂後藤さんとしての呟きはなくなりました。

f:id:umeyashikimsmn:20170910222846j:image

後藤さんフォーエバー(涙)

深夜まで会社員として働きすべての仕事をまっとうしたのですね……

どのようにお伝えしてご退職されたのかは知ることは出来ませんが、架空の女子社員さんが花束を渡しながら「頑張ってください!」と涙するのを本人の意向とは異なる気持ちで受け止めていても可愛いなと思ってます。勝手に。すごく勝手に。

 

というか心の中のエア本名なんだから野崎さんオフの状態は全て後藤さんという認識でいいはずなんですけどね。

ていうかはずもなにもこれ全部私の脳内で考えているだけのことだから全部勝手にせえやって話なんですけどね。

日々美しくなられる31歳、どんどん若くなっていくような気がして、今こんなサラリーマンが十勝にいたら地元のタウン誌とかが黙っちゃいねえわって思うのですが、それをやんわり断って数日後にじゅのん様に載ってとかそんなの想像するのも楽しかったり。

 

でもそれよりも野崎さんが専業アイドルの道を選んでくれたことが今でもとても嬉しい私は、例えばこの先Msma.が、野崎さんがもっともっと有名になって全国ネットのテレビに出たり大々的にメディアにとりあげられたりしたときに、ネットカルチャーに疎い(勝手な妄想)十勝の前会社のご年配の方がそれを見て「おいあれ後藤じゃないか」「まさかそんな……後藤くんだな?!」「あいつ転職先言わないと思ったらこんなことしてたのか!おい誰か奴の電話番号知らないか?!」って会社がプチ騒動になるのを想像するのが何よりの楽しみです。

 

こんなトンチキなブログだしすごい今更ですが野崎さん、応援合戦優勝おめでとうございました。

センター曲、今からとてもとても楽しみにしています。

 

言うてこれ読まれたらすごい困るけど。

何故Mesemoa.の背中はこうも押したくなるのか

※総じて個人の見解です。

 

Mesemoa.さん、MUSIC STATIONウルトラオーディション最終選考進出おめでとうございます。

悔しかった!でも最高にかっこよかったし見ていてすごく楽しかったです。

いつも通りのかっこいいMesemoa.だったし、彼らを知らない人たちに「これ!この人たち私が好きなアイドルなの!!」ってアピールできるグループなのは変わらないです。メンバーのインタビューをちゃんとメンバーカラーで表示してくれたの嬉しかったし、ただの紹介だけじゃなくて仲いいところを流してくれたのも嬉しかった。

カメラアピールも審査員へのアピールも初めてとは思えないほどしっかり爪痕残してそりゃあもうかっこよかった。

 

そんなウルトラオーディションWEB投票期間中、なんとか彼らの票を伸ばしたい、彼らを夢に近づけたいと家族や友人に呼びかけたりした方も多かったのではないかと思います。
私自身沢山の周囲の方々にお手伝いいただいたり、滅多に使わないLINEのタイムラインやら親戚てんこ盛りのFacebookやらに投票のお手伝いをお願いしてみたりと微力ながら票が増えるよう出来る限りのことをさせて頂きました。

 

また逆に、RTで呼びかけられた方、友達からURLを送られて「私の好きなアイドルがMステに挑戦してるから投票に協力して!」と頼まれてぽちっとした方、ご家族から毎日投票依頼のLINEが来ていた方等、それぞれいろんな背景の方がいらっしゃる中、出来れば「そもそも〇〇の好きなMesemoa.ってなんだろう?なんで〇〇はこんな熱心に協力を求めて来たんだろう?」と思われた方も多いかと。
またそれと併せてとっても良いよ楽しいよ!フリーライブあるから遊びにおいでよ!と誘われた方なんかも少なからずいらっしゃるんじゃないかなと思います。


そしてこのブログは出来ればそんな方にたどり着いて欲しくて書いていたりもします。

あとね、読んでいただく機会があるかわからないけれど、Mステオーディションを見ていた他のアーティストのファンの方や、「なんでこの子たちがいいの?」って思った人たち。

 

なんであんなに投票してって言われたのか、こんなにオススメされるのか。

ファンの熱がすごくって、WEB投票1位キープし続けたのか。

 

それは、Mesemoa.さんが、私達ファンが自信を持っておすすめ出来る自慢のグループだからです。

 

 

いやいや好きならそりゃオススメするでしょって思われるかもしれないけどそうじゃないんです。

大きな事務所に所属してるメジャーグループを応援するのとはまるで違う感覚があります。

男性地下アイドルとかって営業とか接触イベントすごいんでしょ?テレビで見たよ?っていう方もいらっしゃるかもしれません。

でもこの人たちチェキ撮る時触れません。間隔キープの魔術師です。

 

彼らは動画投稿サイトの踊ってみたカテゴリから生まれた、もとは素人の集団です。
詳細な成り立ちはgoogleさんで検索すると素敵なまとめが沢山出て来るので割愛させていただきますが、モーニング娘。が、ハロプロが好きで集まってきた普通の男の子たちが友達になって、踊って、それをネットに投稿して、そこからどんどん大きくなってここまできました。

 

もとは会社員だったり学生だったり、保育士さんだったり教師だったり、本当にさまざま。オーディションで集められたとかではない、友達同士で結成されたグループです。
故にまずむちゃくちゃ仲がいいんです。メンバー内で誰が誰と一緒にいても楽しそうで、ずーっとわちゃわちゃきゃっきゃしてる。
ステージ上でもそれは同じことで、パフォーマンスしてる間それはもう本当に皆楽しそうに踊るんです。主観ですけど楽しそうっていうか嬉しそう。少なくともつまんなそうに仕事感出して踊ってる人なんか一人もいなくて常に全力パフォーマンス、MCで口を開けば「ライブ超楽しい!!!」もうね、見てるこっちが更に楽しくなる。釣られます。

 

そして皆すごく真面目。真面目でファン想い。
いろんなところに住んでるいろんなファンをどうやったら楽しませられるだろう、おいてけぼりにしないで済むだろうっていつも考えてる印象です。
それでも住んでるところだったり仕事だったりでしっかり平等になんてことはどうしても難しいわけですが、平日は毎日プライベートだったりオフショットの動画が上がります。


今やファンを含めてとても大きなコミュニティに発展していますので、ちょっと困った問題に直面することだってあります。
事務所に所属せず全て家内制手工業状態だったので(※今は卒業メンバーぜあらる。さんが社長を務める株式会社DDに所属しています)色々立ち行かないこともありました。
そんな中、切り捨てたらいいじゃんって思うようなことにも馬鹿がつくほど真面目に真剣に向き合って苦しんで、それでも笑ってきたような人たちです。

 

メンバーも、周りの人も、とても真面目で一生懸命、そして仲良しで前向きな彼らは何事にもまっすぐ取り組み、歌もダンスもぐんぐん伸びていき、実力も運も味方につけてものすごいスピードで成長していきました。
ライブハウスはどんどん大きくなっていき、取り上げられる媒体も、呼ばれるイベントも、出てくるゲストも、アイドルに憧れていた普通の男の子達の夢がどんどん叶っていくさまを、それに喜ぶメンバーの姿を、ファンはずっと追いかけることができました。
そのおめでとうやすごいねを直接言う機会も沢山貰えました。

 

少し雑な言葉を使うと、めちゃくちゃ応援のしがいがあるグループなのです。

 

応援したら応援しただけどんどん成長して行く、大きくなって輝いていく、すごいな夢って叶うんだ!そう思わせてくれる魅力的なグループ。

今上ってるのは降りるための階段ですけど、Mesemoa.が上る階段はこんなことあるかなってくらいドラマに満ちています。

ライブハウス、中野サンプラザ、ホールツアー、ミュージカル、アドトラック、TV取材、雑誌の表紙、写真集、舞台、そして最近では渋谷の広告ジャックなども。彼らを見てると新しい世界がどんどん広がってくる。大きなグループを推してた時には考えられなかった「あれはすごいことなんだ」っていう新鮮な感動を毎回得られる。

そしてそれを素直に喜ぶ本人達がいる。もっと頑張りたい、もっとたくさんの人に元気をあげたい、そう願うメンバーがいる。

 

「オッケーわかった私応援するよ!何すればいいかな?!」

 

そう言いたくなるんです。

 

誰に見せても、どう説明するにしても「この人たちはとてもいいんだよ!本当に面白いよ!」と胸を張って紹介できる、自慢のアイドルだから。

そしてそんな人たちをまだ世間が知らないって言うもんだから。

知るきっかけができた?よかったそしたらこの人たちこんな歌を歌っててこんな映像を撮ってて、次はこんなイベントがあるんだよ!よかったら一緒に行ってみない?!って。

ついそんなことをしてしまいたくなる、本当に推していることを自慢できるグループなのです。

 

余談ですがこのMステWEB投票を呼び掛けている際、同僚さんにこんなことを言われました。

「でもこれで有名になっちゃったりしたら、遠くに行っちゃったーって寂しくなったりしない?」

大丈夫ですもともと遠い人だもの。

ただまるですぐ近くにいるような、隣で夢を見せてくれるような、素敵な魔法のかけ方を知っている人たちだと思っています。

その魔法が1分1秒でも続くように、辛い顔や苦しんでいるところはなるべく見たくないし、どんどん輝いてどんどん周りを巻き込んで笑顔になって欲しいなあと切に思うのです。

で、テレビの向こうのMesemoa.ちゃんを見て「この子たちいいね」って言ってくれる人に「でしょ?!!そうなのほんとこの人たちすごくいいの!!!」って言いたい。

 

 

 

そんなファンの願いに応えるべくというか別に応えるべくしてそうなった訳ではなく、もともとがっつり個性の塊のメンバー9人なわけですが。

 

Mesemoa.(旧むすめん。)を結成した張本人でガチのハロヲタ、ヲタクの心を誰よりも理解し言葉にとても説得力を持つ我らがリーダー白服さん。

f:id:umeyashikimsmn:20170901213231j:image

youtu.be

 

そんな白服さんがファッション溺愛する最年少、ジュノンボーイ審査員特別賞に輝いた自由で真っ直ぐなスーパーエースあおいくんがいて、

f:id:umeyashikimsmn:20170901212512j:image

youtu.be

 

そんなあおいくんと同じメンバーなのに彼を含めの活躍を完全にこちら視点で応援する、涙脆い酒好き顔面CGおにいさんのノックソさんがいて。

f:id:umeyashikimsmn:20170901213609j:image

youtu.be

 

ノックソさんから「茶推しよかったな;;;;」ってファンごと祝福される31歳、落ち付いてるかと思いきやブログとインスタが頭おかしい野崎弁当さんと。

f:id:umeyashikimsmn:20170901233758j:image

youtu.be

 

見た目も話し方も柔らかい雰囲気、噛み噛みだったり何かと不憫かと思いきや案外エッジ効いたことしでかす(主に野崎さん相手に)気まぐれプリンスさんに、

f:id:umeyashikimsmn:20170901233726j:image

youtu.be

 

動画中の話し言葉はずっとひらがな、おっきいわんこかと思いきや料理上手で絵も字も超上手いMesemoa.のディーヴァとみたけさん。

 f:id:umeyashikimsmn:20170901233842j:image

youtu.be

 

誰が見てもイケメン、誰が見ても美少女(身長188cm)、事あるごとにしがみついてくるとみたんに淡々と塩対応をキメるクールビューティーは二番煎じさんです。

f:id:umeyashikimsmn:20170901233900j:image

youtu.be

 

youtu.be

 

ほんとはおしゃれさんなのにドアウェイのファッション対決に乗りこんで完膚なきまでに叩きのめされ、個性の塊だっつってんのに個性がないと言い張るフォーゲルさん。

f:id:umeyashikimsmn:20170901233743j:image

youtu.be

 

自由奔放なフォーゲルさんに冷静に突っ込むカメラ係のにーちゃんは数年前まで中学校の英語の先生でした。ハイトーンの歌声がスコーンと気持ちいいこちらも歌姫。

f:id:umeyashikimsmn:20170901233825j:image

youtu.be

 

 

リレーっぽくなるようにぱらぱらと紹介動画をつけてみましたが、こんな動画が平日毎日上がるのも魅力のひとつ。

おうちに居てもMesemoa.を知れて、ライブに行かなくても毎日新しい彼らを見られるコンテンツが用意されています。

 

周りの色々な方にお勧めされてMesemoa.の存在を知った方、まずはよろしかったら添付の動画などを見てみて下さい。

それでもし楽しいな、なんて思ってくださったりしたら是非とも、彼らが本気で挑んだMVなどをご覧になっていただければと思います。

youtu.be

 

わちゃわちゃからのシリアスのギャップにストーンと落とされたりしましたら、是非誘ってくださったお友達に声をかけてライブなどに足を運んでみてください。

そこで「ああなるほどこれは確かに応援したくなるグループだな」と思っていただけたらとても嬉しいですし、きっと思わせてくれるって信じてる。

誘われたんじゃないよでもブログ見つけたんだよ、とかライブ行ったことないけど行ってみようかななんて思ってくださったらそれはそれでほんと是非いらしてみてください。

 

しかもちょうどこのタイミングでライブがあったりするんですよ。まあ素敵!

MeseMoa.公式ホームページ|SCHEDULE

彼らが所属する株式会社DDの事務所ライブ”DD Party 2017〜灼熱!ドラゴン SHOW TIME〜”がございます。

ライブタイトルがパンチ効きすぎているのは今に始まったことではありませんのでご安心ください。

 

長々と書いてしまいましたがいかがでしょう、誰かに布教されたという方、紹介してくださったお友達以外もこんな感じでお勧めグループだって言ってるよ、というのが少しでも伝われば幸いです。

 

 

Mステオーディションは悔しかったですけど次はある。絶対にある。

abema.tv

やっぱり大好きで可愛くてかっこよくて私達の誇りだなとしか思えなかったです。

ファイナリストの皆様素晴らしいパフォーマンスで、その中で堂々戦ったMesemoa.の皆さんをやっぱり自慢して、応援していきたいです。

 

明日、いや今からもまた応援します。