弱い犬ほどよく吠える

ダメな大人の見本帳。

君は人間洗浄機

 1か月とちょっとが経ちました。


 DDPもあったし楽しい時間もあったし浮かんだり沈んだり語ったり笑ったりしていたけれど、正直なところ、オタクの精神状態としてお世辞にも健康的とは言えない状態でした。
 発表を聞いた、キャスも聞いた、ちゃんと納得もした、マシンガンのようなイベントラッシュになるべく乗っかれるように準備もしてる。Twitterも普通にやってる。仕事もちゃんとしてる。それなのに前を向きたい私の中でアメーバのように日毎形を変えながらもずっと燻り続けてるこんがらがった何かがありました。

 

 私はそれを「「なのに」の呪縛」と呼んでいました。

 

天性のアイドルなのに、
こんなに楽しそうなのに、
今でもどんどん成長してるのに、
背中押してあげたいのに、
彼が選んだ未来なのに、
1年半後にはいなくなってしまうのに、
自分の立場で考えたらちゃんと理解もできてるのに、
ちゃんと納得したはずなのに、
1度は本音を伝えたいのに、
笑って話していたいのに、
まだ1年以上あるのに。

 

 嫌だもいいよも混ぜこぜで、ただただ現状の輝きに、オタクとして自分のありたい姿に、逃れようのない事実に。素直に受け取って飲み込んで前を向く私もいるけれど、その反面、全てに対立の接続詞をつけてものを考えて、俯いてしまう自分がいました。

 困ったことにそいつはなかなか強力で、ちょっとやそっとじゃ消えてくれなくて、ちゃんとそこにあるはずの楽しいを時としてまるっと飲み込んでしまうこともあって。
苦しいなあしんどいなあ、ずっと見てたいのになあなんて、結局ここにも呪縛の一端が顔を覗かせたりして。
 ちゃんと最後まで見届けようって思ってるから離れることは無いけど、それでもこの感情は2023年12月31日まで続くんだろうかっていう不安がずっとあって、「1年半しかない」しかないからこの時間を大事にしたいと思う反面、「1年半もある」と思う理由の中にはこれもあるんだなと後になって気付きました。さよならまでの準備期間としてはいくらあっても短いけれど、私このまま情緒不安定で泣き暮らすのかなあ、だとしたら1年半ってだいぶ長いなあって。

 

 他にもいろいろ重なったせいもあったのですが、一回ちゃんと整理したはずなのに、日を追うごとにぐっちゃぐちゃになってきて、気持ちの置き場が見つからなくて答えが出ない陰鬱なお気持ちブログを今にも出そうかと下書きをしていたところで迎えたのがフォーゲルさん聖誕祭2022でした。

 

 すごいねフォーゲルさんって。

 

 あの日のキャス以来2回目の明確な「敵わない」がありました。

 

 見せたい自分は、みんなが見たい自分は武道館にいる、だから見て欲しい。
 それから武道館の後の時間でなるべくたくさん皆の願いを叶えたい。
 一生懸命話したい時特有のあのちょっとだけとっちらかった、でも真っ直ぐ晴れ晴れと前を向いて話すフォーゲルさんに、呪縛に捕らわれた私がしゅうしゅうと音を立てて萎んでいくのを感じました。

 

 なーんであんなにかっこいいんでしょうかね。そんでどれだけオタクのこと考えてくれるんだろう。


 好きにさせるだけしておいてバイバイかと思ってたらやっぱかっこいいなあちくしょうめ!もっと好きになるじゃないか!ありがとう結局降参だわ!!
 こっから先はオタクの自己処理能力じゃんって思っていたのにそんなところまでケアしてくれるの?!アフターじゃないけどアフターサービス完璧かよさすが顧客満足度ナンバーワンの男!

 

 めちゃくちゃ幸せ貰ってんじゃんってこれでもかってくらい思い知らせてもらって、抱えきれない多幸感を抱えて帰りながら、途中まで書いていた陰鬱お気持ちブログの構成を今こうして書き換えているところです。

 

 それでも正直ね、未だにありもしないだろう未来に縋っちゃったりはするんです。
 武道館に立った後気持ち変わったりしないかなとかどうしても思っちゃうんですよ。一生往生際悪いから。
 どれだけわかってても無理です。だってずっと見てたい気持ちは変わらないもの。
 だからそんな気持ちに対してはひとまず今は同居を許して、武道館後にフォーゲルのあんたの夢かなえたろかスペシャルが始まったところで、お前まだそこにいたのそろそろおうちに帰んなって促そうかなって思ってます。

 

 きっと私の呪縛はこれで終わりじゃなくて、いつかまた目を覚まして私は捕らえてられてしまうかもしれません。
 でも6/16、6/20って来て今日また一つ大切なものをもらったので、私もちょっとだけ装備が厚くなって、呪縛は弱体化しているかなと思えたのでちょっとだけまたOR(オタクランク)が上がりました。モンハンみたいに言わないで。

 

 MCは両方を集約して私の中で嚙み含めたものですが、本当に幸せな聖誕祭でした。
キュートな1部と大人の2部、かっこいいとかわいいと途中全員置いてけぼりの「?」な主張と世界一かっこいい卒業に向けてのお話と。よかったら他推しさんもぜひ見てみてください。

 

 あとフォトブック良すぎて昇天しました。

1年半もある

 ブログの!スパンが!!異常値!!!

 

 すっかりお気持ちオタクと化してしまってすみません。

 兄のキャスを聞いて思うところがあってツイートしようと思ったんですけど、10連ツイくらいになりそうなのでもういいやブログにしよって思った次第です。

 

 この数日で「1年半」って言葉をもう一生分聞いたし発したし考えまして、そのあとにはだいたい「しかない」っていう言葉が続くしもう毎日そんな風に考えて相変わらず情緒はジェットコースターなんですけど、たまにふっと、タイトルの通り「1年半もあるじゃん」って思う時があるんですよ。

 そのたびにセンチメンタルわたしが何言ってんの1年半しかないんだよ?!って両肩揺さぶってビンタしてくるのでああそうだよね1年半しかないよねってまた思うんですけど、時々「も」になるのがなんでなのか自分でもよくわからなかったんです。

 きっと生誕とかハロウィンとか2回あるって思ってるからかなあっていう単純に暦的な観点だと思ってた(そして多分2度目のハロウィンやクリスマス辺りなんて情緒不安定極まりない)んですけど、今日キャスを聞いててやっとストンと落ちました。

 

 オタクも推しもいろんなことを見て、聞いて、感じる期間があと1年半もある。

 

 多分これだなあと思いました。

 

 兄のキャス、心が痛かったです。

 自分もめちゃくちゃ悩んでるのに誰も傷つかないようにってたくさん考えてくれてて、なのにつらい言葉を受けて傷ついて。

 見知らぬ誰かに向かって何してくれてんだととても憤りを覚えたときに、はっきりと「あと1年半もあるんだぞ」と心が文字になりました。

 

 2020年の始め、世界がぐるっと変わって世の中の動きが、人の考え方が、大きく変わりました。

 一般的なことで言えば例えば「多少しんどくても体調が悪くても頑張るのが美徳」だったのが「少しでも辛かったら休んだ方がいい」に変わったりとか。オタクとしての考え方も人それぞれ、推し方だったり見方だったり、色んなところで変わったと思います。

 そしてそんな風になるまでに、多分1年半なんて到底かかってないと思うんです。きっとほんとあっという間。だって実際あれから2年ちょっとしか経ってない。

 そんな人の心が移り変わるのに十分すぎる時間があるっていうのに、極端なことを言えばそこで何かが変わる可能性だってあるかもしれないのに、わざわざ辛いの追い打ちをかけて誰が何の得をするのかと。

 

 1年半っていう年月を考えたとき、ネガティブやヘイトを投げかけられるにはあまりにも長すぎる時間だし、上向いていた気持ちを下に下げてしまう力はきっと十分持ってしまう。

 逆に愛情を注ぐには十分すぎるかどうかはわからないけれど、ポジティブとライクからの差し引きさえなければそれなりの時間なんじゃないかなって思うんですよね。

 

 別に「1年半もあればもしかしたら心変わりがあるかもしれないじゃん!」とまでは言いません。嘘です背中を押したいと思ってる日と半々くらいで思ってます往生際悪いから。でも本当にそこまでのことを考えているわけではないです。

 でも例えば自分が1年半前何考えてた?って聞かれたら全然違うこと考えてたりもするのは事実なんですよね。ブログでもツイートでも私こんなこと思ってたんだ!ってびっくりすること数知れず。だって現に週1でブログ書く日が訪れるなんて思ってなかったし。

 だからいって覆れ考え直せとは思ってないし決断は決断だけど、ひとつの物事を決めてから実際に動くまでの時間、って考えると1年半ってけっこう長いんじゃないかなとも思うのです。

 

 その期間のオタクとアイドルはきっと北風と太陽みたいなもので、冷たい風を吹き付ければ身も心も閉ざしてしまうばっかりだけど、温かい光を注いでいればもしかしたら見える景色も変わるんじゃないかな、武道館のステージから見える世界も違うのかなって。まだ縋ってんのかお前って言われたらそれまでですがそんな風にも思ってしまうのです。

 たとえそれで何かが変わることがなくても、彼らが後にこの2022年6月から2023年末を語ることになったときに、顔を曇らせるようなことがないといいなと。

 

 どうか大好きなアイドルたちがこれ以上心を痛めることなく、アイドルって楽しい!って思って過ごしてくれますように。

 

 そう願ってやみません。

ケース0006**

 

 なるほどこれは失恋だ。

 それがキャスを聞いた後の私の感想でした。

 

 いや実際のところは恋かと言われたら違うし(多少のリアコ傾向はある)結婚してるし家庭は円満だと思ってるし画面の中に赤ちゃんいたし仔犬いたし息子もいたので語弊はありすぎて余りあるんですけども、一番近い感情としてはそれだなと。

 本当に4日間しか経ってないなんて嘘でしょってくらいに泣いて泣いて泣いていろんなことを考えて考えて考えて、なのに両手両足にいっぱいに溢れかえってしまった思いの仕舞い場所がわからなくて、今日の20時59分まで私は私の中をずっとうろうろしていました。


 今日の放送を聞けば何か変わるんだろうか、ちゃんとこの目で見たい、この大きな大きな決断は何を考えて至ったのかちゃんと気持ちを聞きたい。でも怖い。
 個人ボックスの蓋が閉まらないくらいにもっさもさに仕事を積み残して、絶対に明日の私に怒られるなと思いながら無理やり仕事を切り上げて、帰りの電車に乗り込んで、なるべくすみっこの席を取って見始めたフォーゲルさんのキャス。

 

 ああ降参だ、敵わない。

 

 かっこいいなあ、漢気あるなあ、でも寂しいって言ってくれるのも本心なんだろうなあ、それでもたくさんたくさん悩んで決めた自分の道なんだろうなあ。
 往生際の悪い私が4日間縋ってしまった、でも、やっぱり、もしかしたら、そんなものは綺麗に光になって砕け散って、ああきっとこの人は覆らないんだろうなって、やっと。

 

 感情の整理って難しいです。体感したことのないものなら尚のこと。

 昨年11月に味わった気持ちとも違う、あまりにも個で向き合い過ぎた、だけど紛うことなきキラッキラのアイドルの卒業とその経緯。

 思わず冒頭みたいな感想を抱きました。
 すごく気持ちよく振られたみたいなそんな気分でした。
 完膚なきまでに、あっこれは復縁は無理くさいな?!って。
 ネガティブな意味じゃなくてね、あー--くそ振られたなーーー!!!かっこいいなこんちきしょうもっと好きになるやんけ!!!もうちょっと嫌いになる振り方してくれてもいいのに!!好き!!みたいな。

 

 寂しいです。
 こんなかっこいい人あと1年半経ったらすぱーんて見れなくなっちゃうの、やっぱりどうにもシンプルに寂しいです。

 

 ふざけていても何していてもフッと思い出してガッツリ凹むしめそめそもします。
 私の推しは2人いてひとり去るけどひとり残って、きっと私はめせもあ。から目を離すことができないから、きっといつかいない現実を目の当たりにしてまた泣くんだろうなって今から想像して沈んだりもします。


 その未来を応援するよ!ってかっこいい女なら心から言えるんでしょうけど、私はこういうとき往々にしてみっともなくて往生際が悪いもんだから、内心ぐしぐしぐしぐし泣いてSNSすっぱり辞めるなんて言わないでよ踊らなくてもいいんだよその日食べた晩御飯くらい見せてくれてもいいじゃんなんて思いながら、でも有限だからこそ気持ちよくバイバイしたくて、嫌な思い出になりたくなくて、そっかそっかそうだよねって意地でも背中を押すんだろうなと思います。

 ゴネて通るならいくらでもゴネますけど通らないならいい女でいたいなと。

 そんな向き合い方がまるで失恋だなって。ええもう大失恋ですわ。

 でも幸せになってほしいし笑っててほしいじゃん。

 

 あとフォーゲルさんの「イルミィが好き」の言葉を素直に受け取って、この人の記憶の片隅に残れるんだとしたら、最後の最後まで面白いオタクだったなーくらいには思っててほしいなって。

 

 オタクの数だけ思うことがあって、これはその中のケースの一つ。2022年6月20日現在。

 

 あと1年半で何回ブログ書くかな私。

20220615

 

 2022年、6月15日、ライブハウスにいこうよツアー福島公演。
 ありがたいことに対面では47ツアーぶりに推しチェキに当たりました。


 整番もだいぶ後だったのに運よくフォーゲルさんを指名することができて、直後に会ったお友達に半泣きで抱きつきました。
 記憶が前後していなければ最後に推しチェキに当たったのも福島公演で、福島大好き一生推すわなんてオタク特有のことを思いながら、どうぞと言われるまでステイして目を見ていいのかどうかもわからないあの時間すらも楽しみました。
 
 いろいろあって私の後ろには誰もいなくて、5年ぶりに味わうあの独特の空気感は幸せそのもので、ゆっくりといろんなお話をしました。
 何は無くとも夜に駆けるがすごくよかった話をしましたが、ふと思い立ってとある少し前のTwitter動画の話をしました。
 その曲と振りが好きなこと、生誕で見て大好きになってTwitter動画が上がってすごく嬉しかったこと、もうだいぶ経ってるけど今でもぜひフルで見てみたいと思ってること。
 「今踊ったらもうちょっと違うのかも知れないね」と話す推しさんに素直に「見たい」と伝えました。
 「やっぱ継続って大事だわ」と話す推しさんに「還暦まで踊ってほしいよ」と伝えました。
 それは無理、と笑う推しさんに「郷ひろみを見習って!!」って無茶苦茶なことを、だけど本気で言って、「それを言われたら何にも言えねえわwww」って笑われました。

 まだそれに対して思うところがまとまるほど感情は仕上がってないです。
 ただわかってるのは推しさんは昨日もかっこよくて誠実だったなってそんだけ。

 そんでずっと楽しく踊ってて欲しいなって思ったって、2022年6月15日の私が思ったのはそれだけ。

 

 それは明日も明後日もずっとずっとずっと変わりません。

 でもこの全然固まってない感情をどこかに書き出して残しておきたいと思ったから、この薄らぼんやりした感情のままでも言葉に残しておきたいって思いました。

 

 ただひとつ願わくばあの3分間、どうか大好きな推しさんに嘘をつかせてしまっているようなことがないといいなって、それだけは切に祈って止みません。

 

 なにも知らないでお話しできた最後の1人になれたこと、一生大事にします。
 
 

もしかしたらの世界

 パラレルワールド。もしかしたらの世界。


 その世界で私は、無趣味なOLだった。

 

 正確には地元に工場がある中小企業の派遣社員
 初めに採用が決まった頃には結婚していたけれど、そのあと色々あって一度1人になって、更に色々あって今の夫と暮らして来年で10年になる。
 趣味はアクセサリー作り。といってもセンスなんてものは持ち合わせてないから、ただ楽しくレジンで作るだけ。お小遣い稼ぎになるかななんて販売なんかに手は出してみるけど、鳴かず飛ばずだ。
 昔は所謂3次元のエンタメが好きで、お笑いだったり歌手だったりアイドルだったり、色んなものにお金と時間を注ぎ込んだ。だけどいつからだろう、最後にのめり込んだグループにもあまり食指が動かなくなってからは、友達の好きな物にちょこちょこ首を突っ込んではみたけれど、いまいちのめり込めないまま随分と経ってしまった。

 

 仕事はまあ、ぼちぼちと言っていいんだろうか。
 与えられた仕事を機械的にこなす日々は、単調だけどプレッシャーがなくていい。
 ただ2〜3年周期で「私このままでいいんだろうか」の波が来るせいで、この10年で3回派遣先を変えて結局元の会社に戻ってきた。年齢のせいか年々条件は下がっていって、選り好みもしていられないものだから給与も順調に右肩下がりだけど、特に使い道もないからそれほど困ることも無い。たまに、ハンドメイドの材料を買い込むだけ買い込んで使わずに持て余すくらいのものだ。

 

──いかにも平々凡々な主婦OLって感じだな。
──元々は推しがいたら全通とかしてたような人なのにね。
──このヲタク、ちゃんと思い出して戻ってきてくれるかな。
──弱気になっちゃだめだよ、   を信じなきゃ
──ところで   ってなんだっけ?

 

 「〇〇さん、いつもつけてるそのアイシャドウ素敵な色ね。どこのを使ってるの?」
 仕事の合間、私の目元を見た年下の先輩に何気なくそう尋ねられ、少々面食らった。
 素敵、と言われて勿論悪い気はしないが、愛用と言うのも憚られるそれは何のこだわりも無くドラッグストアで掴んだ代物。最低限オフィスでの身だしなみを整える目的以外の何物でもない。

 

──目の上に色が乗っていればいい、彼女が自分を選ぶ理由はただそれだけ。
──色とかわかんないけど化粧してるっぽく見えるからいいや、それだけで選ばれて、もう何回目の買い替えだろう。

 

 「そんな、どこのって言うようなのじゃないですよ。ドラッグストアで600円くらいのやつ」
 「そうなの?いつもその色だからお気に入りなのかなって思って」
 「ええ、まあ。でも拘りがないだけなので」
 暖簾になんとやらの私の返し。なあんだと言いたげな先輩の顔を横目に、そういえばもうすぐなくなるから新しいのを買わなきゃな、そんなことを考える。

 

──「底見え」なんて言葉もきっと知らない彼女のメイクボックスはいつもスカスカで、変わり映えがしなかった。ファンデもそう、リップだってもう何年も同じ。

 

 結婚前はもう少し気にしていたような気もするし、一時期はダイエットも頑張っていた気がするけれど、こちらは収入とは正反対に右肩上がりだ。気を付けてはいるつもりだけど、今やもうどう足掻いても霞を食っても太るのだから仕方がない。運動?駅から会社までは歩いてるけど。
 そうなると悲しいかな服の選択肢も狭まって、まあもともとセンスもないしいいやって言って似たような服ばかりを選んでしまう。年相応のファッション誌はどれも目の玉が飛び出るほど高い服を薦めてくるから、何の参考にもならない。
 9時に会社に着いて、17時に仕事を終えて、ドラッグストアとスーパーに寄って、たまにおいしいものを食べて、寝て、起きて、休日はごろごろして。

 友達は昔のヲタク仲間が多いけど、この歳になると新しく誰かと知り合うなんてこともないから、最新の友人は夫と言っても過言ではない。

 

──平穏安定、一本調子の毎日。凪ってこういうことなんだろうね。
──お金もそんなに使ってないし、きっと余裕があるよね。
──仕事だってそう、ストレス感じることもないし、言われたことだけやればよくて、目指すものも守るものもないもんね、でもさ。
──今の生活、本当に楽しい?

 

 「……あんまり」
 突然口から言葉が漏れて、それが自分の声だと気づくまで時間がかかった。
 朝の化粧の最中、いつものパレットを取った手が止まる。

 

──ねえ知ってる?その色、いつも君がメイクの時には極力避ける色なんだよ。パーソナルカラーを見てもらったら使わない方がいいって言われてさ。

 

 「パーソナルカラー?なんでそんなもの見るの?」

 

──自分に一番似合うメイクとかファッションとか、知りたいと思ったからでしょ。ほんとはもっとオレンジとか、コーラルとか大量に持ってるじゃん。ちょっとは整理しなよってくらい。

 

 「どこにそんなめかしこむ必要があるの。目玉は一組しかないのに?お金勿体ないじゃん、なんでそんな」

 

──お金はまあないけどそこそこ働いてる方じゃない?毎日ひいひい言いながらあれやんなきゃこれやんなきゃって。足りない足りないって言いながら相応に貰って、まあそれでもお金も時間も足りないって言ってるけど。
──仕事行きたくない現場に行きたいって駄々こねたり推しに恥じない仕事がしたいって突然真人間みたいなこと言ったりさ。
──ダイエット器具買いまくって毎日筋トレして、毎日バキバキに筋肉痛起こしながら通勤してさ、成果はともかく一応ちゃんと努力してるって旦那さんも言ってたじゃん。
──まあもうちょっと家にいてほしいみたいだけどね、でも今の君よりもっとずっと大変そうで、忙しそうで、楽しそうだよ。

 

 「誰のことを言っているの?だって私は」

 

──ねえ、思い出してよ。

──大事な推しがいるんでしょ。

 

--------------

 

 いきなり何が始まったのかみたいな話で失礼いたしましたほぼほぼ夢(ダブルミーニング)みたいなものですが。
 お祝いのブログを書きたいなあと思っているときに、きっと私の生活ってMeseMoa.がいるおかげでちゃんとできているところっていっぱいあるんだろうなあって思いまして。
 もし私がMeseMoa.を知らない世界にいたらどうしてただろうって思ったところからこんな形式のブログというか盛大な妄想になったのでMaze No.9形式で。
 MeseMoa.ちゃんがいるから飽きっぽい私が10年も今の職場で頑張れて、次の現場に行きたいからがっつり稼がなきゃって思えて、メンバーが前向きに仕事をしてるから私も頑張らなきゃーって思えて。

 ここに来なければきっと出会えなかった沢山の素敵なご縁に恵まれて。

 存外近い距離で会えたりするから少しでも見た目を良くしたいなと思えて、いろんな洋服着たいななんて思えて。それに合わせてお化粧を変えることも覚えて。

 目の上に色が乗っていればいいやと思っていたカーキ一辺倒のアイシャドウは、ヲタクになる前の私の象徴です。

 MeseMoa.にハマってなければきっと今でも化粧は一辺倒、ダイエットもしないでダルダルの体して(今でもダルダルとか言うな)パラレルワールドのドアはきっとすぐ手の届くところにあって、でもそれを開けなかった私は、MeseMoa.に出会えた私は本当に幸せだなと思っています。

 これを読んでくださってる人の数だけMeseMoa.との出会いがあって、同時にその数の分だけパラレルワールドはあったのかなと。

 そのドアを開けずに出会ってくださった皆様にも、MeseMoa.さんにも心から感謝を伝えたいです。

 

 楽しい毎日と楽しい未来、それから前向きな心をありがとう。

 

 間違って開けてしまったドアを勝手に探してパラレルワールドの私を蹴飛ばして。今に感謝して、2023年3月14日の日本武道館を楽しみにしています。

 

 MeseMoa.さん、10周年本当におめでとうございます。

 

 

 

(参考:https://youtube.com/playlist?list=PLvDWeVYCZ7xF-nu4oHf-AdYK5qhNK0LkX)

私の知ってる聖誕祭と違う

野崎弁当さんの聖誕祭チケットが絶賛発売中です。

 

 ド直球のダイマから失礼致します。こんばんは、茶推しです。

 厳密に言うと茶色と緑の複数推しなのですがここでは茶推しを名乗らせてください。茶推しです。
 

 野崎さん、36歳のお誕生日誠におめでとうございます!!!

 

 聖誕祭ってメンバーによって独特の空気ってありますよね。

 昨年は有難いことに配信がありましたのでこれは良い機会と全メンバー視聴させて頂きましたが、限られたメンバーの聖誕祭しか知らない私にとってはどのメンバーの聖誕祭もとても新鮮で楽しいイベントでした。

 やっぱり聖誕祭ってそのメンバーとそのメンバーを推すヲタクにとってもっともと言って良いほど特別なイベントじゃないですか。

 そんな中来たる5/7野崎弁当聖誕祭、もし直接参加できそうな機会があるのなら他推しさんもぜひいらしていただきたいと思いまして。野崎さんご自身もそう仰ってるし、参加する茶推しとしても、茶推しも他推しも入り交じって沢山のファンに祝われている野崎さんを見てよかったねえと言いたい。そんな思いから、微力ながらブログを書かせていただくことにしました。

 そうは言っても他推しがお邪魔していいのかな、言うて生は推しの聖誕祭しか雰囲気知らないしなーなんて二の足踏んでる方もいらっしゃるかもしれないし、最近ファンになった、FCに入った等で昨年の配信をご覧になってない方もいらっしゃるかもしれません。

 興味はあるけど想像してる聖誕祭と違う感じだったらどうしよう、野崎さん不思議な方(配慮)だから訓練された茶推しの皆さんみたいにちゃんと対応できるかわからない……そんな漠然とした不安でなんとなーくまだ様子伺いをしてる方などいらっしゃいましたら私は声を大にしてお伝えしたい。

 

それ茶推しも同じだから大丈夫。

 

 何やるかなんて茶推しだって皆目見当つかないんだから!!いくら訓練されてたって当日になったら訓練と全然違うことして来るんだから!

 皆目見当つかないけど毎回驚かされて泣いて笑って幸せな気持ちで帰ってくるんだから!!

 というわけでそれなりに毎年参加しているけれども毎年予測不能な野崎弁当聖誕祭、言うて予備知識ゼロで踏み込む勇気は出ないという方に向けて、ここ数年の端的なレポが私のTwitterアカウントに残っておりましたので紹介させて頂きます。

 ほらもう訳がわからない。

 

 大丈夫です私達も訳が分からなかったから安心してください。

 ざっくり解説すると1部ではオープニングでこの年一世を風靡したブルゾンちえみに扮して黒のタイトスカートにストライプのシャツで現れて(足めっちゃ綺麗だった)35億のネタをやりきり、2部のサンシャイン野崎はご想像の通りなのですが、銀行の暗証番号を叫ぶご本家の持ちネタをオマージュして客席に本物のキャッシュカード(マスキングなし)(多分本名とか載ってる)を見せ、最前の方にものすごい十字架を背負わせるという暴挙に出ました。

 伝説のブラジリアンワックスというのはあまりの衝撃とまた見たいという強い強い強い願望からけっこう詳細にレポを載せて度々RTなどをしているのでそちらをご覧頂ければと思うのですが、ブリッジ的な映像で野崎さんのブラジリアンワックスを手伝わされる煎ぷんの動画が公開され(撮影:兄)、3、2、1のカウントダウンの「2」でいきなり剥がして悶絶する野崎さんにケラケラ笑う気まぐれプリンスさんのイノセントデビルぶりが白日のもとに晒され、未だにあの映像を求める王国民が後を絶たないと言います(私調べ)。

 

「すみませんこちらお足元荷物避けて頂いて、あの、申し訳ございませんもう少し……!」とスタッフさんに促されるまま荷物を避けてみたら、イベント開始数十秒で欅坂46さんのサイレントマジョリティーを歌いながら会場ど真ん中をぶったぎって最後方まで大縦断ですよ。モーセだってもうちょっと静かに海割るわ。

 客席降りみたいな穏やかなやつじゃないです、ちゃんとサイレントマジョリティーのサビの平手ちゃんのスピード(と顔)です。

 ちなみにそんな感じで1部を終え、2部の入場時はスタッフさんも「すみませんが通路は広く開けてください、あの、あの、1部に参加された方はおわかりかと思いますが!」みたいになってました。

 

 こんなにサイレントマジョリティーを連チャンで面白使いするアイドル他にいる? (欅のファンのみなさんほんとごめんなさい野崎さんも欅坂のファンです)
 字面で見るとよくわからない企画かと思いますがその、サイレントマジョリティーを流しながらジャンバラヤを大食いし、サビだけは踊るそんな企画だったんです。無理なく企画を行うために咀嚼を良くしながら。野崎弁当さんの脳のもとでは言葉での説明など無意味。(このブログの意義とは)

 

 前半はね……前半は穏やかだったんです……声出しできない私たちに配慮してくれたのかクイズやってくれたり素敵なお歌を聞かせてくれたり穏やかだったんです……突然脱ぎ出してこの日のために誂えた加圧インナーを披露してフラフープを披露するまでは……声出し禁止超大変だったんだから……

 ただ仮に声出しOKだったとしても自分がどんな声を出していたかコンプライアンス的に自信が無いのですが。

 そしてこの2021年は配信があったおかげで地方在住の他推しの友人が配信で参加し、メモを片手に視聴後私に感想を共有してくれまして。今回ブログを書くにあたりそれを読んだのですがすごくありありとあのカオスが思い出されまして、掲載して良いかと聞いたところ快く了承いただけたので、こちらに全文掲載させていただきます。読んで。他推しが見ても楽しいってエビデンスになるから読んで。(PCだと見づらいのでスマホ閲覧推奨です)

【1部】

【2部】


 ほらもう見たくなってきたっていうか何なら2021の映像なんで見返せないんだろうって思うでしょ、わかる私もそう。

 他推しが見てもこれだけ楽しめるってことが証明されてるわけですよ大丈夫大丈夫茶推し怖くない野崎弁当怖くないどっちも頭はおかしいけれど

 

 でね、ここまで野崎弁当さんの聖誕祭のカオスぶりと奇想天外ぶりをひたすらに挙げてきたんですけどね。

 この人お歌めっちゃ素敵なんですよ。

 甘く抜ける低音ですごくすごく歌に心を込めて、だからすごく胸に響くんですよ。えっさっきまでやべえことしてた人どこ行った?ってなるんですよ。

 あとね、聖誕祭の野崎さんほんとかわいくてですね、ここなら何やっても許されると思ってる節があるからめちゃくちゃヲタクに甘えてくるんですよ。

 これ。結構こんな感じ。

 これが36歳の顔がいい男であるこの破壊力。

 

 そんで不器用だけどすごく心の温かいちゃんとした大人なんですよ。毎年春に上げてくるブログに現れるように、新年度を迎える人達の不安な心を優しく認めて背を伸ばしてくれるような。

 さっきまで窒息寸前に笑わせてきてたのに突然グッとくる言葉をくれたり目指す未来に連れて行ってくれるような話をするもんだからガッて心を掴まれたりするんですよ。

 そんで顔がいいんですよ。(2回目)

 

 何が出てくるかわからないし笑わされるか泣かされるかわかりません。だいたい笑ってると思います。

 何が出てくるかわからないけどやべえことだけはわかりますし、きっと何回見たってタイトルに使ったこの言葉を最高にハッピーな気持ちで呟くことになるのだと思います。

 

 絶対やばいやつじゃんもう。

 やる気満々です……やる気満々ですわ……いや野崎さんが聖誕祭にやる気なしで挑むことなんかあり得ないんですけどしっかり詰めてるじゃん……

 

 事件の予感しかない。

 

 ツアーファイナルから少し空けてこの日になるのでGWとはいえなかなか都合をつけづらい方もいらっしゃるかと思いますし、諸々のご事情でまだ現場に足を運ぶのが難しい方もいらっしゃるかと思いますが、その場合はぜひ配信で、ただもし可能であればぜひいらしてみてください。

 でも他推しの中に飛び込むの心配だし……て思ってる方、そこはどうか安心してください。茶推しほんとに優しくて包容力があって温かくて頭おかしい人多いから。お祝いしてくれる気持ちとステージ上の顔のいい36歳が何をやっても受け入れられる(それかこれが通常営業なんだなと思う)広い心があればきっとめちゃくちゃ大歓迎しますよ!茶推し野崎弁当さんのことが好きな人が大好きだから!

 

 お読みいただきありがとうございました。

 

Special Thanks あまぞねすさん

 

 

推しがグループ内に2人いるわたしの自己紹介

 2021年末の時点で2022年12月~2023年1月のカレンダーを見て軽く絶望していたところで、推し🐊さんのキャスでダメ押しの現実フラッシュを食らいました。こんばんは、年末年始休業は12/31からの社会人です。

 

 意外と早く2022年2度目のブログを書きにまいりましたが、今回何を話しに来たかというと前々から書きたいなーと思っていた複数推しとしての生態語りです。

 私は野崎弁当さんとフォーゲルさんの複数推しでヲタクをやらせていただいておりまして、別に複数推し自体珍しい存在ではないですけど、複数推しを主題として話してるブログってあんま見ない気がしてこれいっちょ書きたいなーーと思ったまま気づいたら4~5年くらい経ってました。4~5年て。

 で、今回1/3にややしんみりしたブログを上げてしまったので少しお口直ししたいのと、あとほっとくと10/31のみすもあさんのデビュー日に全力でふざけるだけのブログになりつつあるので、この機会にちゃんと書くかーと鉛のような腰を上げた次第です。

 なおこちら主語はあくまで「私」であって、「複数推しとは〜」みたいな主語のでかい話ではありませんのであらかじめご了承いただければと思います。更にあるあるでもなくてあくまで自己紹介ベースです。ただあるあるではないんだけど同じ複数推しさんはきっといくつかは「わかる」って思っていただけるものもあるんじゃないかと思います。多分。

 

どっちも一番

 たまに「結局どっちが好きなの?」と聞かれたりするしどちらか片方のオタクに見えてしまったりするんですけどこれはもう一生言い続けます。どっちも一番です。

 いうてどうやったって序列はできるだろうよって思われるかもしれないんですけど、好きのベクトルが違うから両立するんですわこれが。

 私の場合、推し方というか愛で方を例えるとフォーゲルさんはベッドサイドのぬいぐるみ、野崎さんは床の間の日本刀。近くに置いて撫でくりまわしてかわいいねえかわいいねえ、えっ待ってかわいいね?!!ってなるのがフォーゲルさん、床の間に置いて飾って正座してハーこれはまた見事なって言いながら眺めて時に拝んだりするのが野崎さん。

 もうちょいくだくとフォーゲルさんに対する推し感情は直で本人に向いて、野崎さんに対する推し感情は外側に向く傾向にあります。好きですは共通なんだけどそれを本人に伝えたくなるのがフォーゲルさん、聞いてくださいこの人超いいんです私この人のことすごい好きなの!!!って周りに手当たり次第に発信したくなるのが野崎さん。なのでどっちかが一推し、どっちかが二推しっていう概念がないんです。どっちも一推し。

 ちなみに二推しは兄です。一推し二人でその次をいきなり三推しって呼ぶのもなんかしっくりこなくて二推し。正直二推しでもしっくりこないんだけれども!みんな違ってみんないいんだもの!!!そんなわけでじゃないズ箱推しみたいになりつつもありますがそれはまた別の話としまして。

 

推し色を片っぽ身につけたらもう片っぽの色も身につけないと落ち着かない

 どっちかに!偏ることに!なんとなく抵抗感を覚えるんです!!

 コーディネートがありますゆえ分量は偏りますが、服に茶色しか入ってなかったりするとなんとかして緑を取り入れようとしたり、逆に緑だけ入っていたりすると茶色……茶色のアクセサリー出してこないと……ってなったりします。色味的に秋冬は困りません。なんなら冬場気づいたらそうなってるしスリコとかで出てくる小物類が片っ端から緑と茶色のカラーリングになったりするので悲鳴上げながらその時期に買い漁ります。逆に春夏に身に着けようとすると色味がこっくりしすぎて浮くのがささやかな悩みです。

 キンブレもそんな感じなので必ず緑と茶色の2本以上持ち。基本4本で、右が茶色、左が緑と決めています。茶色が右側なのは顎兄弟の「茶推しーーー!!!」の呼び出しに迅速に対応するためです。

 

グッズにかかる費用が単純計算で倍

 売り切れてない限りどちらか片方だけ買うという選択肢がないんです……メンバーごとのグッズは推し色両方買わないと気が済まないし写真系なんか両方とも顔がいいじゃないですか……そんなわけで単純計算で2倍……ことグッズに関してはお金を平等にかけたいんです……ただアクスタとかラババンとか両方身に着けられる、持ち歩けるものは迷わずお買い上げなのですが、Tシャツみたいに胴体いっこしかないしなみたいな両方を身に着けることが難しいものだと購入を敬遠しがちです。

 ちなみに当然収納展示スペースも倍必要になります。もう私の家のタンスの上地震来たら終わるところまで来てるし、この間朝の支度中に手元が狂って大量のアクスタをなぎ倒してしまい、半径1メートルにありとあらゆる推しが床に散らばって泣きました。

 

ランダムグッズの当たり確率は2倍

 9パターンのランダムグッズで推しが出るのを当たりとすると、単推しだったら1/9で当たりと判定されるところ2/9の当たり判定になるんですよ。よって永続的に当選確率2倍ボーナス。これはとてもお得です。(色々な計算を放棄したヲタクの絵文字)

 ただかたっぽだけ出たのにもうかたっぽ出ないとか、トレカ2枚欲しいからCD2枚欲しいとか、例によってまた「どちらか片方愛でるのはちょっと」の精神が発動するので1人推しがでたらもう1人の推しを探し求める旅に出るのですが……

 あと当たり確率は2倍だけどチェキとかめちゃくちゃド好みのを見つけたとしても「譲→緑、求→茶(または逆パターン)」だったりするとその場でスマホを手に天を仰ぎます。

 

逆にかたっぽだけ出演のイベントとかだと必要以上にはしゃいで単色キメる

pic.twitter.com

pic.twitter.com

 こんな感じ。なんかね普段調整してるから思考回路いっこ不要になると解放されちゃうらしくて楽しくなっちゃうんですよね。だって胴体が!!足りるから!!!

 

特典会のチケ取りは単純計算で倍とはいかない

 一人FCで行ったら6000円。一般でもう片っぽとれたら9000円or12000円。そこそこのお値段ですが両方のところに行きたいのでね、しっかりほしい分買っていそいそお伺いしています。

 購入物はなるべく差をつけたくない主義ですがお話する時間はこっちはこのくらい話したい、こっちはこのくらいで十分みたいかのがあるから割と枚数差はあるかな。

 だからこう、単純2倍ではないはずなんですけどどうしてでしょうね、一般の時間になるとだいたい誰かに麻酔銃で撃たれて操られるか意識が混濁するらしくて、その、……なんででしょうね……(発券の時に真顔になる)(でも終わると「たりなーい」ってなる)

 

ライブ時に眼球が足りない

 両方ガン見したいのにどうして人間の目って左右独立稼働してくれないんですかね……近くの立ち位置にいるときはそれでもまだ大丈夫なのですが、上下がっつり分かれてしまったりするとさあ大変。なので大事なところでもう片っぽを見ちゃってて友達に「見た?!」と言われてアアアアアアってなることがあります。

 今私がショッカーに連れ去られて改造手術させられることになったらまず眼球を独立稼働にしてHDD埋めるって決めてます。あと耳あたりに外付けHDD刺せるようにしとかなきゃ。


推し一人の選択を求められると脳内大修羅場

 この局面意外と多いんです……そして毎回頭を抱えるんです……

 システム上絶対どっちか選ばないといけないのはわかってるんだけど、違うんですこっちだけじゃなくて私の推しはもう一人おりまして、でも、あの、って見えない何かに説明したくなるし推しさんどちらかの目に触れたらどうしようって謎にびくびく怯えるシチュエーション第一位。決定するときは毎回血の涙。聖誕祭は嬉しいけれども色々気にして胃痛の嵐……

 

もう片方の推しに対しての動向を察知されるとなんとなく気まずい

 情報は欲しいし推しから出るもう片方の推しの話なんか大好物オブ大好物なんですけどもね!なのに何故でしょう、目の前で浮気相手のところに行こうとする時のような気持ちになるのは!知らんがな!!

 全握とか終演後撮影会みたいに他のメンバーの動向が見えるような場所だと「2人離れてる場所だといいな……」と思ってしまうめんどくささがあります。

 「ヨヲコさんは俺と野崎さん(フォーゲルさん)の推しだから」っていう前提で話すと「なんか……すいません……」ってなるヲタク乙女心。1+1は2だから複数推しなのは理解しているんだけど両方の単推しでいたいんだお前が1番お前が1番が×2なんだっていうめんどくさくてわけのわからないヲタク乙女心。

 

特段推し同士に絡みを求めているわけではない

 これに関しては特に個人差があると思うんですけど私はそんなようなタイプです。くっついてなくてもよくて個々でおいしくいただきたいタイプ。どっちも超大好物ですけどお刺身にプリンのっけて食べたりしないじゃないですか。そんな感じです。お刺身には醤油とツマが欲しいしプリンには生クリーム添えたいじゃないですか。

 どれが醤油とツマで生クリームなのかはまあ……いいじゃん。

 いうてこの世界において刺身にプリン載せられて出されたら大喜びで食べますけどね

 ちなみに一番好きな動画は床ドンメイキングです。最高に説得力がないな。

youtu.be

 

「〇〇推し」を主語にすることにちょびっと抵抗がある

 抵抗っていうとちょっと違うかな、嫌じゃないんです寧ろそっち行きたいんです。でも行きたい向きも二つなもんでこう「茶推しだから」とか「緑推しだから」っていう立場で何かを言うのが少し申し訳ないと感じてしまうというか、私そこに入ったらお前が言うなって言われたりしないかな……っていうのは常に感じて、二つの大繩跳びの間でずーっと縄の動きを見ながら体を揺すってる状態です。

 誰に許可を求めるようなものでもないですし、言ってしまったらなんてことないのかもしれないんですけどね。緑と茶色の縄で上手にダブルダッチできるようになりたい2022。

 

 こんな感じですかね。確かに私の推しは2人いるけれど、その分好きを半分こしているわけではなくて、自分の心と体のいろんなところからいろんな形の「好き」が持ってこられてそれが二つの方向に向いているような、そんなイメージと言えば伝わるでしょうか。愛情半分こじゃないよーどっちもフルパワーだよーという主張。オオタニサンみたいなものだと思ってください。

 かれこれ7年近くこんな感じなので、増えることがあってもどちらかに減ることはないだろうなと思うのです。でも全然悪いことじゃなくて、それだけ魅力的なメンバーを擁するグループなんだから仕方ないじゃん!!っていう開き直りにも似た何かを掲げつつ、私の部屋は通常の倍量の推しで飾り付けられ、チェキファイルがもりもり分厚くなって行くのです。

 きっとこのブログを読んでくださっている方には同じような複数推しの方も、単推しや箱推しの方もいらっしゃるだろうなーと思いますが。同じ複数推しで「わっっっかる」と思っていただけたらそれはもうちょっとコロナ明けたら飲みに行こうぜだし、そうじゃない方はこんな風にヲタクしてる奴がいるんだーなんてライトに傍観していただけたらと思います。楽しいよ!

 お金はかかるけど!!(だいたいそれに尽きる)

 

 ちなみにこちらはMeseMoa.さんに限った話でしてMissMoa.さんになるとフォゲ美ちゃんの単推しで彼女の何がかわいいかっていうとまず(以下終わらないフォゲ美ちゃんへの拗らせた愛情と妄想)

 

 お読みいただきありがとうございました。